文字サイズ
標準
大きく

自然で心地よい眠りを得るカギは食べ物にあり? カフェインと睡眠の関わりを解明した研究者に聞く

   日本は世界でも類を見ない「不眠大国」の一つということをご存じだろうか?

国際統合睡眠医科学研究機構 裏出良博教授
国際統合睡眠医科学研究機構 裏出良博教授

   厚生労働省によれば5人に1人が睡眠に悩みを抱え、その数は増加の一途。睡眠障害はうつ病、認知症など精神疾患や、生活習慣病のメタボリック症候群とも関連が深い。

   睡眠・覚醒のメカニズムを解明するとともに「よい睡眠をとるにはどうすればいいのか」という研究を進めることが急務となっている。

   その睡眠研究を30年続ける世界的研究者、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の裏出良博教授に話を聞いた。

ヒトも動物もなぜ眠るのかは分かっていない

「睡眠はブラックボックスと言われていたくらいで、まだまだ謎だらけなんや。だいたい何のために眠るか知っとるか?」

   裏出教授にいきなりこう聞かれて答えに詰まった。

   「体にいい...のでは?」

「体にいいって何をしていると思う? 1日24時間のうちの3分の1も使っているのやで。体のあらゆる部位の再生、回復とか、ホルモンなどの分泌を促すとか、あとは記憶なんかも寝ている間に整理される。でもな、眠ってしまっているからみんな自分に何が起きているかを知らないやろ、こんな重要なことなのに」
「コーヒーを飲むとなぜ眠くならないのか?」その仕組みを解明
「コーヒーを飲むとなぜ眠くならないのか?」その仕組みを解明

   実は「コーヒーなどに含まれるカフェインによって目が覚める」ということも、そのメカニズムが解明されたのは、ほんの10年ほど前。

   裏出教授がスウェーデンの名門、ノーベル賞を選ぶことでも知れられるカロリンスカ研究所の教授らと共に、カフェインが睡眠スイッチの邪魔をするために目が覚めることを突き止めた。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット