文字サイズ
標準
大きく

パッと見はスリムでもおなかが出ている... その体形は危険信号かも

   米国立衛生研究所と米心臓協会の共同研究チームは、腕や足はやせているが、顔や胴体は太っている「中心性肥満」の人は、同じBMI(体重を身長の2乗で割って算出する肥満度)でも、そのほかの肥満の人に比べ死亡率が高いと発表した。

ポッコリおなかに要注意
ポッコリおなかに要注意

   中心性肥満は腕、足などの末端ではなく、体の中心である腹部、特に内臓に脂肪がついている「内臓脂肪型」の肥満。高血圧や糖尿病の患者によく見られ、生活習慣に起因する場合もあるが、副腎が障害を起こし、ホルモンバランスが乱れると発症する場合もある。

   研究では1988~1994年に実施された第3回米国全国健康・栄養調査(NHANESⅢ)に参加していた18~90歳までの男女1万5184人を、2010~2012年まで追跡調査し、肥満のタイプやBMIと死亡率の関係を分析した。

   その結果、BMIが正常(米国基準で22~24)でも、中心性肥満の人は、そうでない人に比べ男性が1.87倍、女性で1.48倍となっていた。

   また、BMIから過体重や肥満と診断されている人と、BMIは正常な中心性肥満の人を比較しても、後者の死亡率は2倍以上を示していたという。

   研究者らは「BMIから判断できる肥満だけでは、健康リスクを正確に把握することは難しい」とし、腹囲や体型にも注意をするようコメントしている。

   発表は米国内科学会誌「Annals of Internal Medicine」オンライン版に、2015年12月1日掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット