文字サイズ
標準
大きく

大人になってもやめられない 「爪を噛むクセ」治す6つのヒント

   映画を見ていて、つい爪をガジガジ...。クセにもいろいろあるが、自分の体を傷つけるクセは早く治したい。健康な爪を取り戻すための6つのヒントを紹介する。

爪を噛むのは完璧主義の証拠?

子ども時代の癖としてはよく聞かれるが
子ども時代の癖としてはよく聞かれるが

   英語で爪を噛むクセを「nail-biting」というが、この単語には、「イライラ(ハラハラ)させる」という意味もある。ストレスを感じているときや、次に何が起こるかわからない不安を抱えているとき、無意識に出てしまうのが爪を噛むクセだ。

   カナダのカルガリー大学の調査によると、7~10歳の子どものうち28~33%、10代では45%もの男女に爪を噛むクセがあるという。子どもの「爪噛み」は、不安やストレス、緊張のサインと言われるが、多くの人は大人になるにつれて自然に治る。

   しかし一方で、「いまだに治らない」と密かに悩んでいる人も少なくない。インターネット上の掲示板「Yahoo! 知恵袋」や「教えて!goo」などにも、「20代女性だが爪を噛むクセが治らず、恥ずかしくて人に手を見せられない」「気持ち悪いと言われた」「彼氏が爪を噛むのをやめさせたい」「40代の同僚が取引先の前で爪を噛む。何とかしてほしい」などという悩みが数多く寄せられている。

   なぜ、爪を噛んでしまうのか? ストレスを感じているときや、なにかに没頭しているとき、手持ち無沙汰なときなどに「つい、なんとなく」という人が大半だろう。しかし、なかには強迫障害による自傷行為であるケースも。また、2015年3月に発表されたモントリオール大学の研究者らの報告によると、完璧主義の傾向が強い人には、まつ毛を抜いたり、皮膚をひっかいたりする行為のほか、爪を噛むクセが多く見られたという。こうしたケースでは、精神科を受診するなど専門家に相談し、心理的な要因を取り除く必要がある。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット