文字サイズ
標準
大きく

休日に「寝だめ」して疲れを取る その習慣、健康リスクだらけなんです

   年末の忙しさもあって、新年早々寝正月に、というパターンに覚えがある人もいるのではないだろうか。睡眠とは脳と体を休息させるために必要なものであり、仕事で疲れているから、休日はぐっすり寝たいと考えるのはおかしなことではない。

   しかし、「普段は7時起きだが、休日は10時過ぎまでぐっすり」のような「寝すぎ」「寝だめ」には、多くの健康リスクがあることを、複数の研究が指摘しているのだ。

平日と休日の睡眠時間差が危険

休みの日はつい長時間寝たくなってしまうが
休みの日はつい長時間寝たくなってしまうが

   2010年にNHKが実施した「国民生活時間調査」では、平日の平均睡眠時間は7時間14分で、1970年以来最低だという。年齢、性別で見ると、最も短いのは40代女性の6時間28分となっている。

   これに対し、土曜日は7時間37分、日曜日は7時間59分。数十分の違いに思えるが、平均値であることを考えると、多くの人が休日はいつもより長めに寝ている傾向にあるのは間違いなさそうだ。

   しかし、こうした平日と休日の睡眠時間のズレが「社会的な時差ボケ」となり、肥満や心血管疾患のリスクを大きく上昇させる、と指摘する論文が、米ピッツバーグ大学によって2015年11月18日、内分泌・代謝領域の専門誌「The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism」オンライン版で発表された。

   研究では、30~54歳の働いている健康な男女447人の睡眠時間と運動量、食生活、健康状態を調査。

   その結果、平日と休日の睡眠時間の差が大きくなるほど、運動量やカロリー摂取量に関係なく、コレステロール値や空腹時血糖値が悪化しており、インスリン抵抗性も高く、ウエスト、BMIも増大している傾向にあったという。相関関係が確認されているわけではないが、糖尿病や心血管疾患のリスクが高くなっていたということになる。

   調査によると、平日と休日の睡眠時間の差は平均44分で、特別長く寝だめしているわけでもなく、NHKの調査が示す日本人の傾向とほとんど変わらない。

   なるべく平日と休日の差をなくしていきたいところだが、実際にどの程度の睡眠時間を確保すればいいのだろうか。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット