文字サイズ
標準
大きく

急増している「梅毒」、治療は可能だが 症状にも検査にも癖のあるやっかいな性感染症

治療法は確立されているが、厄介な「梅毒」。写真は原因となる梅毒トレポネーマ(C)Susan Lindsley, CDC
治療法は確立されているが、厄介な「梅毒」。写真は原因となる梅毒トレポネーマ(C)Susan Lindsley, CDC

   梅毒の増加が止まらない。国立感染症研究所によると、報告数は、2015年12月27日までで累計2638件となっており、 昨年同時期の約1.5倍だ。

   1960年代までは日本を含め世界で流行していたが、治療法の確立によって減少しているといわれていた。実際、日本でも1999~2012年の報告数は平均500件程度だったが、2013年に1228件、2014年は1683件とハイペースで増加している。

止めるのが難しい「性感染症」

   梅毒は主に性交渉によって感染する性感染症だが、治療法が確立されている疾患がなぜ、今増加しているのだろうか。

   神戸大学感染症内科教授の岩田健太郎医師は、「今の段階では、なぜ梅毒が急激に増加しているのか正確にはわからない」と語る。若年層間での性交渉の割合や、不特定多数との性交渉の増加、性産業の複雑化など、さまざまな要因をあげる声はあるが、梅毒との関係が調査されたわけではなく、推測にとどまる。

   国立感染症研究所の発生動向調査では、男性は25~39歳での発生率が高く、主に同性間の性的接触が原因。女性は20~29歳、異性間が多く、男性間での流行が波及している可能性があるとしているものの、増加の理由については言及していない。

   「性感染症は感染経路が明確なので、理論上は経路遮断、つまり性交渉をしない、セーフティーセックスを意識する、といった方法で止められるはずです」(岩田医師)

   コンドームの使用で、100%ではないが梅毒を予防できるというエビデンスも存在する。しかし、性行為には知識や理性以外も大きく作用する。悲しいことに、わかっていても確実には予防できないというわけだ。

   「梅毒に限らず、現実には、性感染症をコントロールするのは非常に難しいのです」(岩田医師)

   とはいえ、放置するわけにもいかないだろう。梅毒はきちんと診断されていれば、治療も比較的容易とされているが、診断が遅れてしまうと神経梅毒などを発症し、後遺症が残る可能性もある。また、妊娠中に感染してしまうと、生まれてくる子どもが先天梅毒となるリスクもある。すでに、2014年度には4例の先天梅毒が確認されているのだ。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット