文字サイズ
標準
大きく

【第1回】感性は脳でどのように作られるのか? 慶大文学部心理学 川畑秀明准教授

as_20160128110630.jpg
川畑先生の研究室「慶應義塾大学感性ラボ」にて。川畑秀明(左)、AgingStyle編集長 塩谷信幸(右)

   塩谷   :本日は、慶應義塾大学文学部心理学准教授である、川畑先生の研究室に伺いました。心理学は目に見えない心の謎を解き明かす学問というイメージですが、まずは、どのような研究をされているのか、教えていただけますか。

   川畑   :心理学にはいろいろな分野があります。私は、特に実験的な方法を利用して、人間が様々な情報をどのように処理するのかについて研究しています。私たちが何をどう感じて、どのように行動するのか。そこには「脳」と「心」の働きが関係しています。私が特に注力してきたのは、「感性科学」と呼ばれる分野で、見る、聞くといった感覚を通して生まれる「感性」が脳や心でどう作られるのかを研究しています。

美を感じる脳と心の仕組みを研究

   塩谷   :最近はどのようなテーマで研究されているのですか。

   川畑   :美や魅力を感じる脳と心の仕組みや、不安やストレスに対して私たちが感じる美や魅力に及ぼす影響などを中心に研究しています。子どもの芸術表現やプロダクトデザインに関する研究も今後は検討したいと思っています。ほかには、人の印象や魅力が政治的・経済的意思決定に及ぼす影響についても研究を始めています。

   塩谷   :ところで、研究室の中には小部屋がいくつかありますね。この中で実験をするんですか?

   川畑   :小部屋は4つあるのですが、全て暗室になっていて、そこに実験装置やモニターが置いてあります。実験には昔ながらのブラウン管も使うんですよ。電気信号に反応する速度や色の再現性が液晶とは違うので、実験の内容によって使い分けています。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット