文字サイズ
標準
大きく

抗がん剤副作用の苦痛度ナンバーワン 脱毛を防ぐ「冷却帽子」が米で実用化

   がん治療をしながら日常生活を送る患者が増えるなか、見た目の変化は大きな不安材料だ。とくに女性にとって苦痛になるのが脱毛だ。最近、抜け毛を「隠す」のではなく「防ぐ」画期的な治療法が米国で実用化され、注目を集めている。

抗がん剤治療、なぜ脱毛する?

   国立がん研究センター中央病院が抗がん剤治療中の患者638人を対象に行ったアンケート調査「抗がん剤による副作用の苦痛度ランキング」(2009年)によると、女性の1位は「頭髪の脱毛」。ほかにも眉毛やまつ毛の脱毛、爪がはがれる、顔のむくみや変色、シミなど、見た目に関する悩みが20位中半分以上を占めている。一方、男性の1位は「全身の痛み」で、頭髪の脱毛は18位。痛みに関する悩みが大半だ。女性は男性と比べて見た目の変化を苦痛に思う人が多く、とくに脱毛がつらいと感じていることがうかがえる。

   国立がん研究センターが提供する「がん情報サービス」によれば、抗がん剤治療を行うと3~4週間ほどで脱毛が始まるという。ただし、抜け方には抗がん剤の種類や使う期間、量などによって個人差があり、1週間から10日ほどで抜け始める人も。

   抗がん剤治療をすると、なぜ脱毛するのだろうか。がん情報サービスの説明をまとめると、抗がん剤を用いた化学療法は、細胞の増殖を防ぐことでがんが増えるのを抑えたり、成長を遅らせたり、転移や再発を防いだりする。その際、がん細胞だけでなく、皮膚や腸管、骨髄、毛根の細胞(毛母細胞)など、細胞が分裂・増殖することで機能を維持している組織や器官にも影響が起こる。毛母細胞が増えないと、髪の毛の新陳代謝も行われず、抜けてしまうのだ。当然、頭髪だけでなく、眉毛もまつ毛も体毛も、体中の毛という毛がすべて抜ける。ただし、すべてが同時に抜けるわけではなく、それぞれの毛の生えかわりのサイクルや、抗がん剤の細胞増殖を抑制する時期によって抜ける時期は異なる。

   抗がん剤治療を終えると数か月でまた生えてくるので、一時的な症状ではあるが、「髪は女の命」ともいえるほど、女性にとって大切なものだ。脱毛による精神的な苦痛は計り知れない。「髪が抜けるのが嫌だから」と抗がん剤治療を躊躇する人もいるという。なんとか脱毛を防ぐ手立てはないものか。そんな思いを叶える医療機器が最近、米FDAから販売の認可を受け、実用化に向けて動き出している。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット