文字サイズ
標準
大きく

【第2回】肌悩みから形成手術まで M&Mスキンケアクリニック 今野みどり医師

M&Mスキンケアクリニック副院長 今野みどり医師
M&Mスキンケアクリニック副院長 今野みどり医師

   塩谷   :地下鉄の神保町駅からすぐでアクセスもいい。オフィス街のど真ん中ですね。

   今野   :そうですね。忙しく働くビジネスパーソンの方も気軽に来ていただけるようにと思っています。

   塩谷   :M&Mスキンケアクリニックは、皮膚科と形成外科がありますが、先生のご専門は?

   今野   :形成外科です。そのほか、美容皮膚科の診察も行っています。

   塩谷   :なぜ形成外科医になろうと思われたのでしょう?

   今野   :もともと人の心理に興味があり、学生時代は精神科に進もうと思っていたのですが、研修を重ねるうちに外科医を志すようになりました。なかでも形成外科を選んだのは、アザや傷、変形をきれいに治すことは、精神や心にも関わりが深いと感じたからです。14年ほど前からシミ・シワ・ニキビ跡などの治療を行う美容皮膚科にも取り組み、患者さんの外見をケアすることで内面も美しく健康でいられるような診療をめざしています。

新しいニキビ治療薬が増え、年代や肌の状態に合わせた治療法が選べる

診察室にて。今野みどり医師(右)、AgingStyle編集長塩谷信幸(左)
診察室にて。今野みどり医師(右)、AgingStyle編集長 塩谷信幸(左)

   塩谷   :皮膚科と形成外科が併設されているメリットは?

   今野   :肌の悩みから、形成手術まで患者さんの症状やニーズに合わせて治療をご提案できることです。

   塩谷   :患者さんの悩みで最近多いのは?

   今野   :皮膚科では、ニキビとシミで、おもに20~40代の女性です。以前はニキビで病院へ行くという意識は低かったですが、患者さんの意識は変わってきたと思います。ニキビは、基本的に肌の代謝が落ちて角質が厚くなり、ふさがってしまった毛穴の中にアクネ菌が増殖することで発生しますが、ストレスやホルモンバランスなども影響するため、年代によってできやすい位置が変わります。10代では皮脂の多いTゾーンや髪の毛の生え際、20代以降は口周りやあごのラインなどです。新しいニキビ治療薬が増えたおかげで、年代や肌の状態に合わせた治療法が選べるようになっています。

   塩谷   :シミはどうですか?

   今野   :レーザー治療を希望される方が増えましたが、治療をした翌日にはシミがすっかりなくなると誤解している方もいらっしゃいます。その場合は、治療した箇所には数週間テープを貼って保護しなければならないことや、リスクも含めて丁寧に説明することから始めます。患者さんの希望をよく聞いて、シミが完全に取れなくても薄くなればいいという方には、ほかの方法をご提案することもあります。
患者さんがどのような治療を望まれているのか、治療費も含めて患者さんの条件に合わせたご提案をする、治療法や考えを押し付けないことをモットーに診察しています。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット