文字サイズ
標準
大きく

おじいちゃんの頭はなぜ薄い? 毛を生やす器官が徐々に縮小していた

歳をとっても若々しい髪のまま、も夢ではないかも(東京医科歯科大学プレスリリースより)
歳をとっても若々しい髪のまま、も夢ではないかも(東京医科歯科大学プレスリリースより)

   加齢に伴う薄毛や脱毛の原因は、毛を生やす器官「毛包」を作り出している「毛包幹細胞」が老化し、毛包自体が小さく消失してしまうためだったと、東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の松村寛行助教、毛利泰彰特任助教、西村栄美教授らの研究グループが、2016年2月5日発表した。

   臓器や皮膚も、毛髪のように老化で薄く、小さくなり機能も低下することはわかっていたが、実際に体内でどのような変化が起きているのか詳細は不明で、個々の部位の老化のメカニズム解明は困難とされていた。

   研究では、マウスも老化によって薄毛がみられる点に注目し、マウスの「毛包幹細胞」の老化を体内で長期に渡って追跡。さらに、追跡結果を人間の頭皮の加齢変化と合わせて解析し、マウスで確認できた減少が人間でも同じかを検証している。

   その結果、本来、一定の周期ごとに分裂し再生している毛包細胞が、加齢によって分裂しなくなり、表皮の細胞になってしまい、最終的に頭皮からフケや垢として脱落していた。

   こうして毛包幹細胞が徐々に縮小し、毛包が矮小化するため、生えてくる毛も細くなり、失われていくことが人間の頭皮でも確認できたという。毛包のミニチュア化は、男性型脱毛症(AGA)に特徴的な変化であるとされていたが、性別を問わず、生理的な加齢変化として進行することも明らかになった。

   さらに、マウスの毛包幹細胞では、「XVII型コラーゲン」が分解されていたため、これを抑制したところ、脱毛も抑制されることが確認されている。西村教授らは今回の研究結果をもとに、今後は加齢による脱毛症の治療法開発や、その他の加齢関連疾患の治療へとつなげていきたいとコメントしている。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット