文字サイズ
標準
大きく

オープンエア・ドライビングの醍醐味

as_20160215103911.jpg

   「みんなあまり紫外線、紫外線と、紫外線を目の敵にしおる。なにも普通に日光を浴びるのにそんな気にせんでもええ」

   先日の学会で皮膚科の長老がそう発言された。長老先生のご意見にはじつは僕も大賛成である。紫外線の予防策は大事かもしれないが、あまり神経質になって、戸外の活動までブレーキがかかるのは行き過ぎだと嘆いていたところだからだ。

   これには訳がある。

   以前、僕はコンバーティブルに乗っていた。オープンエア・ドライブの快感を一度味わうと、もう病みつきになって、何で車に屋根が必要かとさえ思うようになる。

   ところが配偶者は、紫外線を恐れるあまり、めったなことでは幌をはずさせてくれない。晴れの時も、曇りでも。

   曇った日のほうがかえって日焼けするということを、医者のくせに知らないの、とたしなめられた。雨の日は、さすが僕も幌を開ける気にならない。ということで幌をはずせる機会はあまりない。もちろん一人のときは開けて走るが、やはりオープンカーには助手席に、いるべき人がいないとさまにならない。

   そこで詮索好きの奴らには、娘と言って美女軍団のメンバーに入れ替わりお付き合いを願っても、度重なれば、てめえ、娘が何人いるんだということになりかねない。つまりオープンエア・ドライブを配偶者に敬遠された、恨みつらみがいまだにしこりになっているようだ。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット