文字サイズ
標準
大きく

注射一回で花粉症が消えるって、本当なの? 専門医、「一般的にはすすめられない」

「何かわからないけど、とりあえず注射」はやめよう(写真はイメージ)
「何かわからないけど、とりあえず注射」はやめよう(写真はイメージ)

   花粉症対策は、セルフケア方法から対策グッズ、市販薬まで数多いが、できることなら治療してしまいたい。しかし、その治療法もいろいろあり、結局よくわからないのでそのままに、という人も少なくないだろう。

   そもそも今現在、医療機関で受けられる花粉症治療にはどのようなものがあるのだろうか。

1本の注射で...中身はステロイド

   花粉症の治療として一般的によく知られ、医療機関でも基本的な治療法として実施されているのが、内服薬や点鼻薬、点眼薬などを使う薬物療法だ。日本アレルギー学会でも、最初の治療として推奨している。

   薬剤によって原因となる物質の放出を抑制したり、神経や血管に作用するのをブロックしたりすることで花粉症の症状を和らげる対処療法で、くしゃみには、「第二世代抗ヒスタミン薬」、鼻づまりには「抗ロイコトリエン薬」や「鼻噴霧用ステロイド薬」、というように症状に応じた薬剤が処方される。

   美容医療ではよく耳にする、レーザーやボトックスも花粉症の治療に用いられる。レーザー治療は鼻の粘膜を焼くことで、ボトックスは点鼻することで粘膜の神経に作用して、アレルギー反応を抑えるが、無症状になるわけではなく、どちらも粘膜が再生すると効果は切れる。

   さらに最近SNSなどで見かけるのが、「注射1本で1シーズンの症状が抑えられる」とされている治療法だ。実施している医療機関では長く通院する必要がなく、費用も比較的低いとうたわれ、手軽な治療法に思える。注射で花粉症治療といえば、「アレルゲン免疫療法(アレルゲン特異的免疫療法、減感作療法とも)」という、花粉の抽出液を、濃度の低いものから少しずつ高くして注射し、花粉を防御する免疫を獲得させる根治療法がある。しかし、定期的に2年以上、医療機関で注射を打ち続けなければならず、とても1回では終わらない。また、2014年からは、注射ではなく薬剤を定期的に飲む「スギ花粉舌下免疫療法」という方法も。

   では、1本ですむという注射とは何か。実は「ステロイド注射」だ。薬物療法でも利用されているように、ステロイドは非常に強い免疫抑制作用があり、免疫反応の一種であるアレルギー、花粉症も抑えることができる。ただし、その高い作用と引き換えに、副腎皮質機能低下や皮膚障害、月経異常など多岐に渡る副作用もある。免疫が抑制されるため、感染症への抵抗力も落ちる。

   日本耳鼻咽喉科学会や日本アレルギー学会は、他に副作用の少ない治療法が多数あり、ステロイド注射は一般的にはすすめられないとしている。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット