文字サイズ
標準
大きく

シャンプーなんて、いらない! 「ノー・プー」は本当に髪にいいのか?

   シャンプーを使わず髪を洗う「ノー・プー」。10年以上前に米国で始まり、日本にもそのムーブメントは押し寄せている。「頭髪にいい」という意見もあるが、「臭そう」「フケが出るのでは?」と懐疑的な声も。本当に髪にいいのか、専門家の意見を聞いた。

思考錯誤しながら、自分に合った洗髪方法を見つけよう
思考錯誤しながら、自分に合った洗髪方法を見つけよう

黒髪セレブの洗髪は5日に1回

   始まりは米国。ヘアスタイリストのロレイン・マッセイさんが2001年に出版した著書『カーリーガール・ザ・ハンドブック』の中で「ノー・プー」という言葉を使ったのが最初だと言われている。縮毛に悩む女性のためのバイブル的な本で、「シャンプーをやめたら髪の調子がよくなる」としてノー・プーを提唱。その後、縮毛の人に限らず女優やモデルなどセレブの間でノー・プーを実践する人が増え、ムーブメントは広がっていった。

   日本では「湯シャン」とも呼ばれ、主にお湯で洗髪することを指す。「ノー・プー」は、シャンプーを使わないことが基本だが、お湯だけで洗う方法のほか、重曹とレモン汁(またはリンゴ酢)で代用する、パウダーシャンプーや石けんを使う、コンディショナーで洗髪するなど、何通りかのやり方がある。なかには、黒髪が魅力の米女優キム・カーダシアンのように、5日に1回しか「洗わない」という人も。

   ノー・プーが広がった背景には、シャンプー剤の洗浄成分が頭皮から必要な皮脂をも洗い流してしまうという考え方がある。毛髪に自然な皮脂を残せば髪や地肌が健康になるというのがノー・プー支持者の意見だ。実際に「十代のころのツヤが戻った」「髪にボリュームが出た」「スタイリング剤を使わずに済むようになった」などの声も多く聞かれる。

   一方で、海外の専門家からは「頭皮からは皮脂や汗、汚れ、死んだ皮膚細胞を定期的に洗い落す必要があるが、『ノー・プー』をうたう製品ではこうした汚れを十分に落とせない」「真菌や細菌への感染リスクがある」「頭皮の炎症やフケ、ニキビなどが生じる可能性がある」という指摘も。定期的にシャンプーをする必要性はあるという。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット