文字サイズ
標準
大きく

糖尿病患者に朗報! 採血しなくても血糖値が分かる

現在の指を刺して計測する方法は将来なくなるかも(写真はイメージ)
現在の指を刺して計測する方法は将来なくなるかも(写真はイメージ)

   東北大学大学院医工学研究科・工学研究科、松浦祐司教授の研究グループは、2016年2月2日、採血をせず、遠赤外線を照射するだけで、血糖値測定ができる手法の開発に成功したと発表した。

   糖尿病患者の多くは、体調管理や治療のため血糖自己測定をしているが、その方法は針で指を刺し、少量の血液を採取して測定するというもの。針の改良によって、採血時の痛みは少なくなっているものの、自分で指を刺すという行為を苦痛に感じている患者も少なくないという。

   こうした患者の負担を軽減するため、松浦教授らが注目したのが、遠赤外線を人体に照射すると、一部が血中のグルコースに吸収される現象。

   原理的には高精度の血糖値測定が可能とされていたが、遠赤外線は皮膚の表面ですべて吸収されてしまうため、この現象を利用して正確な血糖値測定をするのは困難といわれていた。

   そこで松浦教授らは、同研究室で以前から研究されていた、遠赤外線を効率よく伝送、照射できる特殊な光ファイバ「中空光ファイバ」を利用し、皮膚のような厚い角質がない、唇の内側の粘膜に遠赤外線をあてることで、血糖値を正確に測定することに成功した。

   この方法での測定値の誤差は、従来の採血による測定値の20%以内になっており、臨床でも利用できる精度が得られているという。

   遠赤外線レーザーは、小型化、低コスト化がしやすい光源とされており、今後、病院のベッドサイドでの血糖値モニタリング装置や、家庭用ヘルスケア機器として実用化を目指す。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット