文字サイズ
標準
大きく

顔を見て「痩せたね」と言われたい! それには体重を何キロ落とせばいいのか

顔だけで一喜一憂するのはやめておこう
顔だけで一喜一憂するのはやめておこう

   ダイエットを始める最大のモチベーションは、やはり「よりよい見た目になりたい」だろう。

   他人が顔を見て「痩せたね」と気がつくにはどの程度痩せればいいのか――そんな研究をカナダ、トロント大学心理学部のニコラス・ルール准教授らの研究チームが心理分野の学術誌「Social Psychological and Personality Science」2016年1月号(vol. 7 no. 1 69-76)で発表している。

男性は4キロ、女性は3.5キロ減

   ルール准教授は、20~40歳の白人種男女の顔をコンピュータで加工し、どの程度変化させると、太ったり痩せたりしたことに他人が気づくか実験した。具体的には、モデルとなる男女の顔をBMI(体重を身長の2乗で割って算出する肥満度)が「30(米基準で肥満)」から「18.5(米基準で低体重)」までの幅で段階的に加工した。その中からランダムに2枚の写真を選んで、約100人の被験者に見せ、「どちらが太って見えるか」と質問した。

   「太っている」とされた写真が元の写真からどの程度加工されていたかを分析し、「太っている」と「痩せている」の境目、つまり他人から「痩せた」と思われる体重の減量値を割り出している。

   気になるその数値だが、男性の場合平均4キログラム、女性は平均3.5キログラムの減量が、さらに「魅力的になった」と思われるにはその2倍の減量値が必要であることがわかった。

   また、本来の顔からわずかに太っただけに見える写真でも、痩せていると判断された顔と比較すると、「不健康そうに見える」と答える被験者が多かったという。

   体重の変化は顔だけに表れるわけではないが、この研究結果からは、少なくとも顔の見た目は他人にとって、その人が痩せているか、太っているか、健康か、不健康かといった判断をするうえで、大きな影響を与えていると考えられる。

   ダイエットの成果を周りからも認められるために、是非とも「顔痩せ」をしたいところだが、「体重を減らせば顔も痩せる」という単純な話でもない。実際にダイエットをした経験のある人ならわかるかもしれないが、顔の脂肪量とBMIは必ずしも一致していないのだ。見た目と疾患の関係について、多くの知見を持つアンチエイジング医師団の山田秀和医師も、「顔の脂肪量とBMIの関係を示す論文はない」と話す。

   また、「体形をシビアにコントロールしているモデルでも、顔がぽっちゃりしたままで悩んでいる人はたくさんいる」と、美容・医療ジャーナリストの海野由利子氏は指摘する。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット