文字サイズ
標準
大きく

ロゼッタストーンとアンチエイジング医師団

as_20160303101327.jpg

   ロゼッタストーンはご存知でしょう。あの大英博物館の目玉、エジプト時代の大きな石で、象形文字、ヒエログラフがびっしり刻まれている。

   誰かさんが一生懸命そのヒエログラフを解読したところ、なんと "今時の若いものは・・・"というのが書き出しだったというジョークを聞かされたことがある。つまり世代間のギャップは今に始まったことではなく、古今東西を通じての課題で、むしろ"今時の・・・"というせりふを口にするよになれば、そろそろ己れも老化が始まったという自戒ととるべきであろう。

   "そうはいっても今の奴らは、"と、先日もある形成外科医の集まりで、最近入局してくる若い医師たちの行状を、皆一様に慨嘆していた。ガッツがないし、目先の利益しか考えない、モラルに欠けている等々。集まったメンバーは皆僕が現役の頃のスタッフたちである。が、よく話を聞くとあまりあの頃と変わりないような気もしてきたが、失礼に当たるので発言は控えておいた。

   ただ確かに、医療を取り巻く環境の劣化で、医師の質や価値観が劣化してきているのは否めないようだ。最近とみに医療崩壊が話題になるが、これが若い医師のやる気をなくして、安易な道へ走らせていることも間違いない。

   その安易な道の落とし穴の一つが、今はやりの美容外科であるのは憂うべきことだ。がんじがらめの保険制度の中で、唯一自由診療が可能な科として、志望する医師も急増しているし、患者の関心も高まっている。

   それをあおるかのように、このジャンルはワイドショーの目玉ともなり、タレントまがいの医師が続出してきたし、芸能プロダクションのお抱えになった医師もいると聞いている。もちろん僕は決してパブリシティを否定するものではない。

   今はメディアの時代だ。むしろ正しい啓蒙は積極的に行うべきと思う。そのために僕は3年前有志と「アンチエイジング医師団」を結成し、的確な情報をメディアに提供し、また医師側のメディア・トレーニングも試み、更にはネット情報の大手、ジェイ・キャストと共同でサイト、Aging Style(エイジングスタイル)を立ち上げネット上での啓蒙活動にも励んでおりますので、是非皆様のご支援のほどを!

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット