文字サイズ
標準
大きく

注目の成分「アスタキサンチン」シンポジウム 筋肉、脳、心臓への健康効果の研究進む

「アスタリールシンポジウム2016」が開催された
「アスタリールシンポジウム2016」が開催された

   2016年2月13日、「アスタキサンチン」の研究開発、製造、販売を手掛けるアスタリール株式会社が主催する、最新のアスタキサンチン研究発表会、「アスタリールシンポジウム2016」が開催された。

   サプリメントとしてはもちろん、化粧品の成分としても、よく耳にするようになったアスタキサンチンだが、そもそもどんな成分で、どんな効果をもたらすものなのだろうか。

高い抗酸化力を持つアスタキサンチン

   アスタキサンチンは天然の色素成分、「カロテノイド」の一種だ。カロテノイドといえば、「β-カロテン」や「リコピン」など、トマトやニンジン、カボチャなど、野菜に含まれている栄養成分というイメージがあるが、微生物や動物にも含まれている。

   アスタキサンチンの場合、エビやカニなどの甲殻類の殻や、甲殻類を餌としているサケやタイなどに見られる。これらの殻や身の色を思い浮かべれば、アスタキサンチンが赤橙色の色素成分ということがわかるだろう。しかし、なぜアスタキサンチンが注目されているのか。その理由のひとつが、高い抗酸化力だ。

   2007年に富士化学工業が発表した研究によると、アスタキサンチンの活性酸素に対する抗酸化力は、同じカロテノイドであるβ-カロテンの4.9倍、ルテインの2.6倍、リコぺン(リコピン)の1.6倍。ビタミンCにいたっては6000倍になるという。

   また、今回のシンポジウムの実行委員長である、京都府立医科大学学長、吉川敏一医師は開会挨拶の中で、アスタキサンチンの特徴として、高い抗酸化力に加え、「生体膜保護作用を持つ」「プロオキシダントになりにくい」といった例を挙げた。膜に作用するということは、細胞だけではなく、ミトコンドリアや赤血球などの保護も期待できる。

   「プロオキシダント」は聞きなれない言葉だが、本来は抗酸化物質として作用する成分が、逆に酸化を促進してしまう状態を指す。例えば、ビタミンCはプロオキシダントになりやすいとされ、β-カロテンやリコピンもある程度がプロオキシダントになってしまうが、アスタキサンチンにはそれがほとんどなく、純粋な抗酸化物質としての働きが期待できるという。

   そんな優れた抗酸化物質として期待されるアスタキサンチンだが、シンポジウムでは、「天然アスタキサンチンで先制医療に挑む」というテーマのもと、サルコペニアやアルツハイマー、糖尿病、心不全に対しても、アスタキサンチンが与える効果を示す、興味深い最新研究が発表された。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット