文字サイズ
標準
大きく

40歳になったら目の定期検診を! 世界緑内障週間始まる

世界緑内障週間始まる
世界緑内障週間始まる

   3月6日から12日は世界緑内障週間。この期間には、世界各地で緑内障に関する啓蒙イベントが開催される。日本では40歳以上の20人に1人が罹患しているという緑内障。アラフォー世代は用心が必要だ。

失明原因ナンバーワン

   厚生労働省の調査によると、日本の失明原因の1位は緑内障だ。罹患者数も多く、40歳以上の20人に1人、70歳以上では10人に1人が緑内障と言われる。自覚症状のない「隠れ緑内障」も含めれば、その数はもっと多いはずだ。しかしその割に、正しい知識を持っている人は少ない。緑内障とは、どのような病気なのだろうか。

   緑内障は、目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経に障害が起こり、視野が狭くなったり、部分的に見えなくなったりする病気だ。症状はゆっくりと進行し、少しずつ見えない範囲が広がっていく。両目の症状が同時に進行することは少ないこともあり、気づきにくいのが特徴だ。気づいた時には、すでにかなり進行していることが多く、放っておくと、最終的には失明に至る。

   緑内障の発症には、眼圧の上昇が関わっている。眼圧とは、眼球に一定の張りを与えて形を保つ圧力のことで、目の「硬さ」ともいえる。その圧力を一定に保っているのが、眼の中を循環する「房水」という液体だ。房水は目の「毛様体」という組織でつくられ、目の中を循環し、眼球の外の血液中に排出される。房水が過剰に作られたり、排出される部分(出口)が詰まったりすると、房水の流れが妨げられて目の中に溜まり、目がパンパンに張ってしまう。これが、眼圧の上昇と言われる現象だ。

   緑内障には房水の出口(隅角・ぐうかく)が広いタイプ(開放隅角)と狭いタイプ(閉塞隅角)がある。広いタイプを原発開放隅角緑内障、狭いタイプを原発閉塞隅角緑内障と言う。また、生まれつき緑内障の人や、ほかの目の病気や薬の影響によって引き起こされるケースもある。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット