文字サイズ
標準
大きく

うつ病の新たな治療法となるか? 運動と瞑想を組み合わせた「MAPトレーニング」

体は動かし、心は休めるトレーニング法
体は動かし、心は休めるトレーニング法

   米ニュージャージー州ラトガース大学の、ブランドン・オーダーマン博士らの研究チームは、有酸素運動と瞑想を組み合わせた「Mental and physical(MAP)」トレーニングを、週2回程度実行するだけで、「大うつ病性障害(うつ病)」の症状が軽減されたとする研究結果を発表した。

   うつ病は精神障害のひとつ。食欲低下や不眠、抑うつといったさまざまな症状が現れるが、原因はわかっていない。薬物療法が代表的な治療法だが、長期間抗うつ薬を服用した患者の健康状態が悪化するなどの問題も指摘され、現在も新たな治療法が模索されている。

   研究では、うつ病と診断されたラトガース大学の学生22人と、精神障害の既往歴がない健康な学生30人を対象に、週2回、8週間にわたって30分の瞑想と、30分の有酸素運動を実施してもらった。

   瞑想は専門家の指導を受け、あぐらや自分が快適な直立姿勢で呼吸に集中し、回数を数えるという内容で、有酸素運動は、トレッドミル(ランニングマシン)を使った軽めのウォーキングやランニング。うつ病の症状は、精神科での精神疾患診断で使用されている、「精神疾患簡易構造化面接法(M.I.N.I.)」という直接面接と、抑うつ度を判定するアンケート「Ruminative Responses Scale(RRS)」によって判断している。

   その結果、MAPトレーニング実施後のうつ病学生グループは、実施前に比べ症状が21%軽減した。抑うつ度は、健康な学生もうつ病の学生も軽減していたという。また、うつ病の学生にアンケート調査を実施したところ、何かに心配する時間が減り、人生を肯定的に考えられるようになった、と回答している。

   オーダーマン博士らは、低コストで時間もかからないMAPトレーニングは生涯を通じて実行でき、「精神的健康を維持する効果も期待できる治療法になりえる」とコメントしている。

   発表は2016年2月2日、英科学誌 Nature 系列の精神医学誌「Translational Psychiatry」オンライン版に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット