文字サイズ
標準
大きく

気仙沼の水産ブランド「kesemo」東京で発表会

   3.11前後のテレビや新聞では「5年もたったのにまだ・・・」という内容のものも多く、実際そうでもあるのですが、新しく進んでいることもたくさんあるのです。

   その一つとして、宮城県・気仙沼市の「kesemo」をご紹介します。気仙沼地域の水産資源を活用して、新たな地域産業を創るため"産・学・官"の連携で設立された「気仙沼水産資源活用研究会」のブランドが「kesemo(ケセモ)」。「気仙沼から、もっと」という可能性への思いを込めた名前です。

   気仙沼市内の30を超える企業が集まって2013年に設立され、その活動の報告会を兼ねた発表会が、2月に浅草の新しい商業施設「まるごとにっぽん」で行われました。

as_20160315100512.jpg

   3階のイベントスペースにて。支援団体・企業の方々もたくさんご出席。

as_20160315100559.jpg

   気仙沼市の菅原市長。漁業など一次産業の復興だけでなく、新しい価値のある製品の創造を重点政策にしている、と。

as_20160315100645.jpg

   復興副大臣の長島忠美衆議院議員。長島さんは2004年に起きた中越地震で、新潟県山古志村村長として復興に奔走した経歴をお持ちです。この"産・学・官"の取り組みが「気仙沼モデル」として進展していくようにと期待されていました。

    

as_20160315100754.jpg

   元防衛大臣の小野寺五典衆議院議員は気仙沼出身。開発された商品が"世界水準"となるように願っている、と。

as_20160315100858.jpg

   「kesemo」はいくつかのワーキンググループに分かれて活動してますが「サメWG」からは去年の夏にフカコラーゲンを配合した化粧品「マリナス」を発売。

as_20160315101005.jpg

   「貝類WG」からは、同じく、昨夏発売の「ホヤソース」の説明。

as_20160315101108.jpg

   「海藻WG」では、わかめを丸ごと使った「三陸わかめドレッシング」をテスト販売。

as_20160315101248.jpg

   マリナスのミスト、ジェル、ホヤソース、わかめドレッシングの展示。発表会後は販売もしましたが、行列ができて、ありがたいことです。

as_20160315101325.jpg

   世界初の「ホヤソース」を使ったお料理や、サメ肉を使った唐揚げ、わかめドレッシングを使ったサラダなどの試食も行われました。ホヤソースは隠し味程度に使われたものが多く、くせがなく食べやすかったけれど、個性をガツンと生かしたお料理に使ってもよさそうです。

   このほかにも、新製品は開発中。複数の企業、しかも同業者も集まって商品開発をするという試みは、試行錯誤もありながら進んでいます。「元に戻す」ことだけでなく、「新しく始める」復興にもご注目を。

●「kesemo」こちらからも購入可能です。
http://kesemo.com/

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット