文字サイズ
標準
大きく

医者選びの難しさ

医者であっても自分の医者選びには頭を悩ますことが多いのです
医者であっても自分の医者選びには頭を悩ますことが多いのです

   現役を退いた今でも、医者の紹介を頼まれることはしばしばあります。だが、これが意外に難しい。医者であっても自分の医者選びには頭を悩ますことが多いくらいです。

   そもそもいい医者とは何だろう。まず腕がいいこと。これには診断が確かで、治療、外科の場合は手術になるが、その腕がいいことが挙げられます。

   もちろん最新の知識にも通暁していること。また、いくら腕や頭が良くても、おっかない先生は遠慮したい。つまりこちらの聞きたいことには分かりやすく、親切に説明してくれないと困ります。

   じゃ、お前はどうだったのかと聞かれると忸怩(じくじ)たるものがありますが。医者の紹介を頼まれた場合、僕はまず、すでに誰かにかかっているのかということを確かめます。

   原則として、医者を変えるのは反対だからです。よほど特殊な病気であったり、その医者が医者仲間で定評のヘボ医か悪徳医師なら別ですが、通常は医者を変えればすべて検査をしなおしたり、同じことでも医師によって説明のニュアンスが違うとかえって迷いが深くなるからです。

   また、言い方は悪いかも知れませんが、並みの病は並みの医師にまかせたほうが無難です。ただ、最近は必ずしも転医のためではなく、とりあえず別の医師の意見を聞いて確かめたければ便宜を図りましょうという"セカンドオピニオン"の考えが定着してきて、「セカンドオピニオン外来」というのも生まれてきたので、活用されるといいでしょう。

   ことに手術が必要な場合、外科医としては考え抜いた結論でも、突然手術と言われれば、素人でなくても、「エッ、切らないと駄目ですか」とまずショックを受けるのが普通でしょう。そこでセカンドオピニオンでもやはり手術となれば、あきらめもつくというものです。もちろん、"札付きの医師"の犠牲からもまぬがれることもできます。

   かつてイエズス会の神父さんから、カトリック系の病院で大腸がんの手術が必要だといわれたが、やはり癌センターで手術を受けたほうが安心なのではと相談を受けたことがありました。話を聞いてみると、普通の大腸がんで、手術も難しくはなさそうだと分かりました。幸い僕はそのカトリック病院の外科部長を知っていて、信頼できる医師だったので、「たってといわれれば癌センターもご紹介できますが、今の病院でなんら問題はないし、院長も主任看護師もカトリックで、むしろカトリック司祭にとっては、何かと好都合ではないか、また、入院環境も世俗の病院よりも優れているのではないか」、と申し上げました。

   だが、神父でもこんなとき、世俗的に悩むものかと、いささかがっかりしたのも本音です。そこで、医療というものは、医師とか看護師とか、また、医療設備とかいったものだけでなく、それ以上の次元の働きに、"神のご加護"とは言わなかったが、助けられるものだなど、"釈迦に説法"のようなことを付け加えた覚えがあります。

   そしてまた、良い医療を生み出すのは医師と患者の信頼関係であること。つまりこの先生にならすべてお任せします、たとえ結果はどうあろうと、というくらいの信頼が生まれれば、医師の力も最高のものが発揮されるものですよ、とも。

   このような僕のつたない説明に神父さんは納得してくださり、そのカトリック病院で手術を受けられました。

   幸いに経過は良好で、その後30年、故国のハンガリーでまだ司祭として活躍されて、最近、天寿をまっとうされたと聞いています。[執筆/塩谷信幸 北里大学名誉教授、DAA(アンチエイジング医師団)代表]

医師・専門家が監修「Aging Style」

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット