文字サイズ
標準
大きく

「神の手」はあるのか?

as_20160317102748.jpg

   今日もまた聞かれた。

   "先生、神の手ってほんとうにあるんですか?"

   むむ、と返答に窮した。

   ないよ、といえば己が神の手を持ってないことの僻みととられそうだし、あるといえば、マスコミのセンセーショナリズムに迎合することになる。確かに外科医にも上手い下手はある。だが何を持って上手いとするか、その評価基準はまちまちである。

   一口に手術といってもそれぞれで目的が違う。緊急を要する救命の手術なら、命が助かること。たとえばくも膜下出血や盲腸炎の手術。癌の手術では、当然ながら病巣を完全に取りきって再発を防止すること。だが、整形外科のように機能回復が目的なら、たとえば関節なりが動くようになること。これが形成外科となると、顔かたちが本人の希望通りに復元されること。

   美容外科はもっと難しい。本人の変身願望をかなえて、コンプレックスを解消すること。いずれの場合も目的を達成し、かつ後遺症はゼロか最小限に抑えること。つまりは結果がすべてであって、テレビ写りのよい手さばきの鮮やかさとか、執刀時間の驚異的な短さなどは、同じ結果を生むならばという二次的な評価対象に過ぎない。

   手さばきにしても、せかせか忙しいのがよいわけではない。糸結びのような簡単な操作でも、焦って2回3回とやり直すよりも、丁寧に一回で済ませたほうが時間も節約になる。一番よくないのは、あっちをいじったり、こっちをいじったりもたもたが続く手術である。時間を取るだけで、結果も思わしくないことが多い。ただこういうときは当の本人も何をやっているのかわからないことが多いので、やむをえない??

   また、よくハンドルを握ると人格が変わる人がいるが、メスを持つと人格が変わるというか本性が出てしまうようだ。そのため、手術の上手下手を一番よく知っているのは麻酔医である、術中に露呈される人物像を含め。

   麻酔医はいろいろな外科医のいろいろいろな手術にいつも立ち会わされるからである。医学部で外科系の教授選のとき、当該候補者の勤務先の大学の麻酔科教授に、そっと評価をお伺いすることがしばしばあるのはそのためである。

   前置きが長くなったが結論を言おう。僕は"神の手"は誤解を招く表現だと思うし、また"神の手"をまねることもない。それよりも、外科医が目指すべきは、"神の意思"に従って患者のために動くような手を目指すべきと思う。この場合、指先以上に大事なのは、神の意思を戴した"判断力"である。これこそが外科医の真骨頂と言うべきであろう。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット