文字サイズ
標準
大きく

「日焼けサロンは危険だ!」 米国で「利用規制」強まる

黒光りする肉体は魅力的だと思う人もいるかもしれないが...
黒光りする肉体は魅力的だと思う人もいるかもしれないが...

   日焼け大国、米国で日焼けサロン規制が進んでいる。すでに42州で利用規制はあるが、それらはあくまで州ごとの、いわば条例のようなものだった。

   しかし、2015年12月、米国内の食品や薬品、医療機器に関する法律の施行、消費者保護の権限を持つ米国食品医薬品局(FDA)が、「日焼けサロンの利用には危険性がある」と明言し、年齢制限を含む全国的な規制案を米政府に提案したのだ。

米学会「日焼けは自滅行為」

   FDAが提案している規制の内容は、「18歳未満の利用禁止」、「成人も利用前にリスクを明記した同意書に署名をする」となっており、かなり厳しく制限しようとしているのが見て取れる。

   米国以外でも、豪州やブラジルは日焼けマシンの商用利用が禁止、イギリス、フランス、スペイン、ドイツなど欧州各国では未成年の利用が禁止されるなど、規制が進んでいる。日焼けサロンでやけどを負うなどの事故報告があるのも事実だが、規制までしようとする最大の理由は、紫外線の浴びすぎによって発症する「皮膚がん」の多さだ。

   皮膚がんは米国で最も一般的ながんとも言われ、症例数は乳房、前立腺、肺、消化器官のがんの合計よりも多い。米国立がん研究所によると、毎年約200万人が皮膚がんと診断され、米国人の5人に1人は生涯で必ず皮膚がんになっているという。豪州出身だが、俳優のヒュー・ジャックマン(47)も、2016年2月9日に自身のインスタグラムで、皮膚がんの再発のため、4度目の手術を受けたことを公表した。しかし、紫外線を浴びる機会は日焼けサロンに限らず、屋外での太陽光も同じはずだ。ヒュー・ジャックマンも「子どものころに日焼け止めを使っていなかった典型だ」とコメントしている。

   紫外線対策を徹底するだけでもいいように思えるが、「日焼けサロンで焼く」ことが皮膚がんリスクを上昇させるとしたエビデンス(研究に基づく科学的な証拠)が存在している。2013年にカリフォルニア大学の研究チームは、欧米の6か国、約8万人のデータを分析し、日焼けマシンを使って肌を焼いている人は、焼かなかった人に比べ、最も一般的な皮膚がん「基底細胞がん」発症リスクが29%、2番目に一般的な「扁平上皮がん」リスクは67%高い、と発表している。

   致命的で危険とされる「メラノーマ(悪性黒色腫、ほくろのがんとも)」のリスクも59%増加するとされ、米国皮膚科学会はこの研究を受け、「日焼けマシンの利用は自滅行為」とすらコメントした。

   利用するかしないかは自己責任、と言いたいところだが、2014年にマサチューセッツ総合病院とハーバード大学医学部が発表した研究では、紫外線を定期的に浴び続けていると、脳内で神経伝達物質のひとつで、脳内麻薬ともいわれる「エンドルフィン」の分泌がうながされ、薬物中毒と同じ中毒症状に陥るリスクがあることが示唆されている。皮膚がんリスクの危険性を認識しながらも、日焼け中毒になってしまい、繰り返し利用してしまう...とすれば、日焼けサロンが規制対象となるのも、やむを得ないのかもしれない。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット