文字サイズ
標準
大きく

ご飯炊くなら雑穀ご飯

   いわゆる"ご飯"を、日常どのくらい食べるか?

   私の場合、体質と年齢による変化なのだけれど、白いご飯やうどん、お餅などを食べると、ポンっと体重が増える。ポンっと増えるくらいだから、それは筋肉ではなくてきっと脂肪。

   血液関係の数値、......中性脂肪値とかコレステロール値とか血糖値とかも栄養療法を試し始めた数年前は、まー、それはそれは"暴飲暴食レベル"で、そのときの医師には「連日飲んだくれている」と思われたほど。

   で、ご飯やパンなどの糖質を減らすことを続けていたら、あら不思議。少ない回数、少ない量で満足できるようになったのでした。これは予想外の、ありがたーい変化。

   だって「もう少し食べたいんだけど......」的ながまんが要らないから。

   というわけで、ご飯を炊いて食べるのはごくごくたまのこと。週に1回以下で、軽く1膳。愛用の1合炊きの土鍋だと、半分ほど残る感じです。たくさんは要らないけど、美味しいと感じるものをいただきたいとあれこれ試してるうちに、行き着いたのが雑穀ご飯。

as_20160319031658.jpg

   白米は1合カップの40~50%、食物繊維が多くてモチモチ食感のもち麦が30~40%くらい、そして香ばしく味わい深くなる雑穀が10~20%、というところ。

   雑穀は地方の物産館などで買ったりするので、その変化も楽しめます。

   これは鳥取のだったかな。煎り大豆が入ってるのが珍しい。黒米の赤い色にほんのり染まって、香りもよくて美味しい。

   雑穀ご飯は食後血糖値を上げにくいし、食物繊維やミネラルも白米より多い。けれどそんなメリットのためでなく、今は白いご飯より、こっちが好き。

   食の好みって、かなり大人になってからも変わるものです。かつては、食事は白いご飯あってこそ、と思っていたけれどね。そうそう、ストレスが増えるとご飯が食べたくなるんですよ、不思議と。

   だから、雑穀ご飯の登場が増えると、何がストレスなのか探り、体調の変化も気をつけて観察してます。

   自分のことですがね。気づいておかないとダウンするので(笑)。

   3月に入ってからは、今のところ1回炊いたくらい。まずまず、いい感じです。

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット