文字サイズ
標準
大きく

【特集】デザインがモノと人をつなぐ(1) グッドデザイン賞から見える医療機器の変化

パーソナルモビリティ(電動車椅子)の「WHILL Model A」(C)JDP GOOD DESIGN AWARD
パーソナルモビリティ(電動車椅子)の「WHILL Model A」(C)JDP GOOD DESIGN AWARD

   医療機器に求められるのは機能性や医学的な有効性で、見た目がいいかどうかは関係ない、というイメージを持っている人は多いのではないだろうか。むしろ、清潔そうではあるが、無機質でちょっと怖いと感じることもあるかもしれない。

   そんな医療機器に、変化が訪れている。使いやすさはもちろん、デザインも工夫され、グッドデザイン賞でも高い評価を受けて、受賞する製品まで登場しているという。

思わず欲しくなる医療機器

電動義手の「HACKberry(ハックベリー)」(C)JDP GOOD DESIGN AWARD
電動義手の「HACKberry(ハックベリー)」(C)JDP GOOD DESIGN AWARD

   グッドデザイン賞は、日本デザイン振興会が主催し、デザインが優れた工業製品やサービス、イベント、取り組みなど、幅広い事物を対象に贈られる、日本で唯一の総合的デザイン評価の賞だ。

   普段使っている文房具や家電などにも、「GOOD DESIGN AWARD」のロゴマークが貼られているのを見ることもあるだろう。おしゃれでかっこいい日用品が受賞しているように思えるが、グッドデザイン賞事務局の秋元淳氏は、
「応募されてきたものを見ると、今現在、日本で伸長している分野が見えてきますが、ここ数年は医療機器が増加しています」と語る。

   実際、2015年のグッドデザイン賞受賞対象を見ると、医療分野の製品が目立つ。大賞を受賞したパーソナルモビリティ(電動車椅子)の「WHILL Model A」をはじめ、18件の金賞受賞対象にも、電動義手の「HACKberry(ハックベリー)」や2型糖尿病治療薬とその注射器「トルリシティ皮下注0.75mgアテオス」が含まれている。そのほかの各賞でも多くの医療機器が受賞しているのだ。

   「製薬メーカーから医薬品が応募されることもあります。薬の信頼性も加味しながら、パッケージデザインを評価し、受賞に至る製品も少なくないですね」(秋元氏)

   受賞した医療機器に共通するのは、どれも意匠や設計、コンセプトが優れており、必要がない人でも欲しくなってしまうような、格好よさや洗練された雰囲気がある点だ。大賞のWHILLも、受賞製品の展示会場で「かっこいいから乗ってみたい」と、一般参加者から高い評価を受けていたという。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット