文字サイズ
標準
大きく

美の基準

   美の基準の一つとして、人体プロポーションの理想値を割り出す試みは古代エジプト、ギリシャの時代からあった。

   まずエジプトでは、中指の長さを基準とし、その19倍の身長を理想とした。また西洋ではなにかにつけて立ち返るのが古代ギリシャで、とくに紀元五世紀のポリクレイトスの示した規範が影響を与えている。

   ポリクレイトスは人体各部の最も美しい比例率を割り出し、それに基づいて「ドリフォロス」(槍を担ぐ選手)など、いくつもの青銅像を作った。彼は最も美しいプロポーションは七頭身であるとし、更に身体各部の長さにも、それぞれ理想とする比例率を挙げている。

   こうした比例率について著した本(現存しない)を表し、ドリフォロスのモデルの槍持ちの従者の名前から「カノン」と題したので以後、人体の美の基準一般をカノンと呼ぶようになった。古代ローマのカノンはいわゆる八頭身が理想とされ、更に足の長さは身長の二分の一、ひざまでの長さが足の二分の一というように、全体との比例が整っていなければならないとされた。

   その後、中世の暗黒時代にはカノンについての議論は影を潜めた。人は神が自分になぞらえて創ったのだから、その体について評価することがはばかられたのだ。しかしルネッサンスを迎えるとデューラー、ダヴィンチなどの巨匠達が、その頃流行り始めた人体解剖学の知識を取り入れ、様々な規準作りを試みた。

   人体各部の計測値、角度の測定、幾何学的図形への単純化などである。しかしこれら数値は、イメージ的には面白いが、あまりにもアバウトで、現実の患者さんの評価にはほとんど役立たないし、厳密にこれらに当てはまる人はいない。そもそもどれだけ計測を試みても、それだけで美が規定できるものではないという感もする。

   いまひとつ僕が釈然としないのは、これらはすべて白人の顔を美の基準として、決めてかかっていることである。十九世紀末から二十世紀始めにかけ、欧米の帝国主義は頂点に達し、白人が人類の進化の頂点であるかのごとき考えが支配的になった時代の傲慢さの名残ともいえる。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット