文字サイズ
標準
大きく

【特集】デザインがモノと人をつなぐ(2) まるでアニメやSF映画! 3Dプリンタで作るスタイリッシュな電動義手

デザイナーの小西哲哉CCO
デザイナーの小西哲哉CCO

   「3Dプリンタで部品を出力し、3万円程度の材料費で作れる」と言われると、何を思い浮かべるだろうか。プラモデルの話ではなく、2015年グッドデザイン賞も受賞した電動義手「HACKberry(ハックベリー)」なのだ。その見た目は、SF映画に登場するようなスタイリッシュさで、義手のイメージを大きく変えるデザインだ。

義手を健常者も憧れるようなツールに

   「HACKberry」を開発したのは、代表の近藤玄大CEOと、メカエンジニアの山浦博志CTO、デザイナーの小西哲哉CCO、わずか3人で構成されるベンチャー企業「exiii(イクシー)」だ。近藤氏と山浦氏は大学院時代、同じ研究室で義手やリハビリ機器の研究をしていたが、大手メーカー就職後も義手の研究を続けたいと考えていた2人に声をかけられたのが、小西氏だった。

   「当時はパナソニックでウェアラブル端末のデザインを担当していました。義手はいわば究極のウェアラブル。デザインのし甲斐があると感じました」(小西氏) 2013年に英大手家電メーカー、ダイソン主催の「James Dyson Awards」にコンセプトモデルの電動義手を出品。日本人初となる2位を受賞すると3人は起業し、本格的に開発に取り組み始めた。

   HACKberryの基本コンセプトは「3Dプリンタで作れる電動義手」であること。そのため、各パーツは3Dプリンタで出力するのに適した形状にデザインされており、スタイリッシュな見た目の一因となっている。

   「ウェアラブル端末をデザインしていた経験から、道具がデザインされていないのには違和感がありました。義手も腕時計やスニーカーのようにデザインされ、ユーザーが好きなデザインを選んで個性を表現するものにしたいと考えたのです」(小西氏)

   確かに、HACKberryは健常者も憧れるような「格好よさ」がある。問い合わせてくるユーザーからも「デザインが気になった」という声が多く寄せられ、海外の展示会でも、実際に装着したユーザーの姿を見て、多くの人が握手を求めてくるという。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット