文字サイズ
標準
大きく

アルツハイマーは記憶がなくなる? 思い出せない? 理研、利根川進氏らの研究でついに判明

引き出しにはしまってあるが、出し方がわからなくなっていた(画像は理研プレスリリースより)
引き出しにはしまってあるが、出し方がわからなくなっていた(画像は理研プレスリリースより)

   アルツハイマー病初期の記憶障害は、海馬が正常に働かず、形成された記憶を思い出せないために起きる――長らく謎だったアルツハイマーのメカニズムを解明したと、2016年3月17日、理化学研究所脳科学総合研究センターの利根川進氏らの研究チームが発表した。

   アルツハイマー病は、物忘れなど軽度の記憶障害から、徐々に認知機能全般が低下する病気。発症すると、記憶の形成や保存、想起に重要な、「海馬」の周辺で神経細胞の変性が始まることから、海馬の異常が記憶障害を引き起こす可能性が指摘されていたが、発症初期の記憶障害が、「記憶を新しく形成できない」のか、「形成された記憶を思い出せない」のか、そのメカニズムは全く不明だった。

   研究チームは、過去の研究で、記憶が海馬の「記憶エングラム」と呼ばれる細胞に保存されることを証明。今回は、人為的にアルツハイマー病を発症させたマウスで、記憶エングラムがどうなっているのかを調査した。

   正常なマウスを実験箱に入れ、足に電流を流すという「嫌な体験」をさせ、翌日同じ箱に入れると、マウスは嫌な体験を思い出し、すくんでしまうが、アルツハイマー病マウスは同じ実験で箱に入れても無反応となる。

   しかし、アルツハイマー病マウスが嫌な体験をしているときに、反応していた記憶エングラムを特殊な方法で標識し、翌日、実験箱内で記憶エングラムを直接活性化する光を照射したところ、マウスはすくんだ。

   この結果から、アルツハイマー病マウスは記憶を正常に形成し、保存しているが、想起できなくなっている可能性が示唆されるという。さらに、アルツハイマー病マウスでは、神経細胞同士をつなぐ「シナプス」を形成する「スパイン」という突起が減少していることもわかり、シナプスが増強するよう何度も記憶エングラムに光を照射したところ、正常に記憶を想起できるようになった。

   利根川氏らは「発症初期の患者には記憶を保持する細胞が維持されているというのであれば、将来、これらの細胞から記憶を取り出す技術が開発され、障害を軽減できるかもしれない」とコメントしている。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット