文字サイズ
標準
大きく

形成外科医の適性

as_20160328104756.jpg

   "形成外科医になりたいけど、器用でなければだめですか?"

   と聞かれることがしばしばある。僕はこう答えることにしている。

   "そんなことはありません。当たり前の手を持っていれば、誰でもなれますよ。僕を見なさい。"と。

   すると相手は、またはぐらかされたかという顔をするが、僕は真面目である。

   もちろん器用であることに越したことはないが、大切なことは形成外科に魅せられることと、あとはその人の努力である。下手の横好きは困るが、自分の腕を過信せず、地道に基本から積み上げ、計画性を会得し、確実な手技を習得することにある。器用な人の中には時折、あまりプランニングをせず適当につじつまを合わせてしまい、大成しないことがある。

   "でも美的センスは必要でしょう?"これもよく聞かれる質問だ。

   "僕はこれも並みのセンスで十分。"とお答えする。

   一番の理由は、SF映画と違い、今の形成美容外科のレベルでは、顔を思い通り自由に変えることなど不可能だからだ。たとえば造鼻術。眼や外傷で欠けた鼻を皮膚移植で再建しても、かろうじて鼻らしいものが出来るのが今の技術の限界を示している。

   最も難しいのはペニスだ。機能ははじめから諦めても、形状すら大浴場で他人様に開陳できる代物ではない。余談になるが、性転換の手術で、男から女は比較的容易だが、その反対は難渋するのはそのためである。

   必要なのは美的センスよりも美に対するこだわりだろう。仕上がりに対するあくなき執念。この点でも僕は失格者だと自認している。仕上がりの完璧さを追求するほどリスクは高まり、僕の場合外科医としての判断がストップをかけてしまうからだ。

   だが僕は、患者の心臓が止まっても、まったく気づかずに夢中で細工を続けた名工?を知っている。そこまでいかなくても最も恐いリスクは、細工に凝りすぎて皮膚が死んでしまうことだ。血流が断たれてしまうからである。

   20世紀の名形成外科医ラルフ・ミラードが「形成外科とは美と血流の永遠の相克である」と喝破したのはこのことである。さすがミラード先生、洒落たことをおっしゃいますね。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット