文字サイズ
標準
大きく

認知症予防・改善の切り札になるか? 患者と家族を救う「臨床美術」

   いまや、家族や親類など身近に認知症患者がいないという人のほうが珍しいのではないか。高齢化にともない認知症予防・改善の対策がいっそう求められるなか、アートで患者と家族をサポートする「臨床美術」に期待が高まっている。

誰でもできる創造的な活動

   臨床美術とは、絵を描いたり造形をしたり、創作活動に取り組むことで脳を活性化し、認知症の予防や改善を図る手法だ。

東北福祉大学の大城泰造准教授(写真提供:大城氏)
東北福祉大学の大城泰造准教授(写真提供:大城氏)

   認知症ケアにおける「美術」としては、ほかにアートセラピーや介護現場で用いられる作業療法などがある。アートセラピーは患者が描いた絵を分析し、カウンセリングを行うという心理療法が主体で、作業療法は折り紙や塗り絵、写生など一定の枠組みの中で、機能訓練の一環として行われることが多い。

   一方、臨床美術は認知症患者の「感性」に働きかけるのが特徴だ。描く対象を、五感を使って自由にとらえ、表現することで脳を活性化する。たとえば、りんごを描くときは、りんごに関する歌をうたったり、実物の手触りや匂い、味、食感などを感じ取ったりして、そこからイメージしたものを形にしていく。そうして自由に表現されたものが、結果的に個性あふれるアート作品になる。

   認知機能の維持・改善効果も実証されている。臨床美術は1996年に彫刻家の故金子健二氏が発案し、医師やファミリーケア・アドバイザーとともに実践研究を開始した。5人の認知症患者に対しプログラムを提供したところ、1年間で参加者の認知機能の維持・改善に一定の効果が見られた。その後、国立精神神経センター武蔵病院(現在の国立精神・神経医療研究センター病院)や筑波大学などの協力を得て、臨床現場でプログラムを実施。参加した認知症患者の64%に認知機能の維持、16%に改善が認められたという。

   アートというと苦手意識を持つ人も多いが、東北福祉大学准教授で、臨床美術を専門とする大城泰造氏は、「アートは本来、上手・下手、正解・不正解といった概念から離れた自由な世界。しかし私たちは既成概念にとらわれて、本当に創造的な活動ができにくくなっているのではないか」と指摘する。大城氏は臨床美術によるケアを通して「参加者が今までに(アートという言葉からは)思いもつかなかった新たな体験が得られるような、誰にでも出来て、しかも質の高い創造的活動」を提供することをめざしている。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット