文字サイズ
標準
大きく

いくつになっても男と女

as_20160329121329.jpg

   突然、派手に日本人夫婦の喧嘩が始まった。ローマの中央駅のホームである。ワッとローマっ子が取り囲む。

   1週間にわたるパリの国際形成外科学会を無事終え、我々日本からの形成外科医の30人ほどのグループは、2週間ほどかけ、フランス、ドイツ、イギリスの各都市をめぐって、ほぼ旅の終着点であるローマから列車に乗り込むところだった。

   もう発車間際というのに、この年配の美容外科医夫婦はホームで言い争いを続けている。騒ぐ二人を皆で押し込み、無事特急列車は発車した。

   "どうしたの、一体?"僕はそっと添乗員に聞いた。

   "結婚以来、こんなに長く一緒にいたことがないので、ストレスがたまったそうですよ" おかしいような、情けないような気がしたのを覚えている。

   もう、かれこれ40年も前の話で、こちらは当時若造で、まだ配偶者同伴など財布が許さず、寂しい思いをしていたからである。

   だが最近、熟年離婚だの、定年を機にだの、ある日突然! などという話を聞くと、笑ってばかりもいられない。

   明日は我が身などという心配ではなく(この辺がおめでたいですかな)、アンチエイジングの目的が究極はQOL(Quality of Life)だとすると、やはり伴侶との関わりが軸になるからだ。

   ここを伏せておいて、いくら周辺をいじっても、何か空しいような感じがする。かといってこれは当人同士の問題。アンチエイジングが踏み込める問題ではない。

   だが、と僕は思い出す。

   NPO法人アンチエイジングネットワークを始めたとき、まず考えたのは男女共々の参加だった。興味の対象は全くかけ離れているかもしれない。だが、パートナーが手を携えて参加することで、また、独身者は異性を交えてアンチエイジングに励むことで、お互いの立場を理解し、またお互いの活性化を図れば......。

   これがアンチエイジングネットワークの五か条の第一に「いくつになっても男と女」を選んだ理由である。しかし、現実はそれほど甘くなく、便宜上、男は男、女は女と2極化した活動のまま今日まで来てしまった。

   もちろん「失楽園」の勧めではない。ではどういうこと? と言われても困ってしまう。

   「いくつになってもお洒落心を忘れないで」では、ちょっと軽すぎる。特にある年齢以上の日本の男性にはむずがゆい。また、「何も服装を褒めてくれとは言わないけど、髪型を変えても気がつかないでしょ、殿方は」と女性陣にはたしなめられそうだ。

   要するに、社会的規範から踏み外さない範囲で異性との付き合いを楽しみましょう、ということだ。しかし、これは相手様の気持ちの尊重が大切で、何処かで見かけた川柳のように

   「百近き老爺がおさわり生き甲斐に今日も元気だ困ったものさ」

   と揶揄されるのでは情けない。[執筆/塩谷信幸 北里大学名誉教授、DAA(アンチエイジング医師団)代表]

医師・専門家が監修「Aging Style」

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット