文字サイズ
標準
大きく

出過ぎた杭は打たれない?

   "出る杭は打たれる"というのは和を尊ぶわが国の美風であり、"出すぎた杭は打たれない"と豪語した介護業界の風雲児が、あまりにも出すぎたのか、袋叩きにあって一挙に転落したのはまだ記憶に新しい。

   だが、アメリカは実力社会で、出る杭でなければ成功を掴みにくい。どんなにエクセントリックであっても、実力さえあれば世間は許し、認めてくれる。しかもそのような変わり者は、ことに外科の教授の中には人材が豊富である。

出すぎた杭は...
出すぎた杭は...

   僕がレジデントの頃は、オハイオ大学のゾリンジャー教授が群を抜いていた。ゾリンジャー・エリソン症候群というのを言い出して、一躍有名になった。

   彼の変人ぶりのエピソードは数々あるが、其の一つ二つ。あるとき誰かが彼の駐車スペースに車を停めて置いた。怒り心頭に発した彼は、自分の車を突っ込んで、2台めちゃくちゃにしてしまった。またあるときは、手術中、助手がもたついていると手を降ろさせ、罰として手術が終わるまで、水を一杯にしたバケツを捧げ持たせたという。

   ところが、僕は外科の専門医の口頭試問の時、試験官として其のゾリンジャーに当たってしまった。僕はその日の最後の受験生だった。入室のとき足も顎もがガクカクしていたことは言うまでもない。

   ゾリンジャーに一礼をすると、彼は突然ソファーに寝っころがって、"俺はもう疲れた。お前、何か俺に聞いてくれ。"という。では"ゾリンジャー・エリソン症候群の現状は?"と恐る恐る伺いを立てると、"アッター ケオス(シッチャカメッチャカだ)。あんなもの、提唱しなければ良かった"

   そんなやり取りが続き、やおら、"日本で桜は何時咲く?"と向こうから聞いてきた。"四月です"。"違う、五月だ。お前はアメリカが長すぎて、日本のことを忘れておる""へえ、すみません。おっしゃるとおりです。"と不本意だが降参してやった。

   試験官によってはわざと受験生を挑発して、受験生が感情的に食ってかかるのを待ちうけて、落第させるのがいると聞いていたからである。と言うわけで僕のアメリカの外科の専門医の資格は、このようにいい加減に取得したものであまり自慢はできない。

   そのほか外科医に限らずアメリカ人には、いわゆるキャラクターがウジャマンといるのでおいおいご紹介したい。最近は日本でもまだ少数派だが豊かな個性も受け入れられるようになってきた。喜ばしい傾向と僕は思う。行き過ぎたマネーゲームで転落した男が、最近またしぶとくのし上がってきたのもその表れと言える。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット