文字サイズ
標準
大きく

余裕がない! 忙しくてイライラ... 仕事中でもすぐできるストレス対策

   多くの会社で新年度を迎える4月。フレッシュな気持ちで臨みたいけれど、部署移動で慣れない仕事が増えて思うようにいかなかったり、新人教育を任されて気持ちに余裕がなくなったりと、普段よりも焦りやイライラが増えやすい時期でもある。

   小さな焦りやイライラも、ストレスとしてたまれば健康によくない。少しでもストレスを減らすために、今すぐできる対策はないのか。

深呼吸、トイレ、飲料にサプリ...

   まずは、「体を動かして気分を変えてみる」。

   ごく当たり前のことだが、気持ちに余裕がないときには意外とできていないものだ。その場で背筋を伸ばして目を閉じ、ゆっくりと深呼吸をしたり、席を立ってトイレに行ったりする。その間は、モヤモヤ考えないで気分転換をしようと意識すること。これならお金も時間もかからない。ストレスに関する情報サイト「緊張・イライラLABO」によると、現代人は、デスクワークなど前のめりになる姿勢が多く、胸が圧迫されて呼吸が浅くなる。それもストレスの一因だというから、普段から心がけたい対策法だ。

左からヤクルト「レモリア」、森下仁丹「テアニン」、全薬工業「アロパノール」。アロパノールにはドリンクタイプもある
左からヤクルト「レモリア」、森下仁丹「テアニン」、全薬工業「アロパノール」。アロパノールにはドリンクタイプもある

   次に、「ストレス緩和の飲料やサプリ」でホッと一息。

   食べるだけ、飲むだけでストレスや緊張が和らぐという食品を試してみるのも一つの手だ。以前からメンタルリラックス飲料として知られるヤクルトの「レモリア」は、2001年発売。リラックス効果があるとされる緑茶のうまみ成分「テアニン」を含む。

   最近では、抗ストレスに役立つ機能性表示食品も増えている。前述のレモリアと同じくテアニンの効果に着目した森下仁丹のサプリメント「テアニン」は、L-テアニンを含み「作業などに由来する緊張感を軽減」する。そのほか、「γ-アミノ酪酸」の効果も注目されており、「γ-アミノ酪酸には事務的作業による一時的・心理的なストレスの低減機能がある」と明記された商品も消費者庁に届け出されている。

   消費者庁によると、2016年3月25日時点で、機能性表示食品の届け出が受理されている263品のうち、12品がL-テアニンやγ-アミノ酪酸を含む抗ストレス商品だ。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット