文字サイズ
標準
大きく

木本教授の教え

as_20160411103008.jpg

   このところ暴力団の締め上げが厳しい。ところで「白い巨塔」というと聞こえはいいが、ヤクザの世界と医局制度は体質的にも、運営面でも酷似している。

   教授はオールマイティで、いったん入局したら絶対服従を誓わされる。しかも将来の就職から、結婚といった私生活まで、死ぬまで教室の方針には逆らえない。教授の意に反したら、指を詰めるぐらいでは済まず、国内での医師としての生命は絶たれてしまう点、ヤクザの世界より厳しいかもしれない。

   そしてヤクザのシマと同じに、各医局には関連病院というテリトリーがある。この縄張り争いも、本物の血が流れないだけで、ヤクザ並みに壮絶か、むしろ仁義なき戦いという点では、それ以上かもしれない。

   医学部を出て留学する際、ぼくは木本組ではない、木本外科に草鞋を脱いだ。そのころ木本教授は女子医大の榊原教授と並んで、日本の心臓外科の草分けだった。入局後一月でアメリカにわたり、八年たって帰国した僕は、先ず教授室を訪れ、木本教授に帰国のご挨拶とわがままをお許しくださった御礼のべた。

   入局してすぐ自分の意思で留学するなど前例もなく、医局のしきたりを無視した行動だったからである。木本教授は言われた。

   "ご苦労だった。細かいことは医局長の指示に従ってほしいが、二つだけ私から君に言っておこう。まず、アメリカでは話をする際に、教授が立っていて、弟子が座っていることがあるそうだが、日本ではそういうことはない。二つ目に、これが大事だが、アメリカでは教授が間違ったときに弟子が指摘することもあるそうだが、日本では絶対にあり得ないことだからな。"

   今の若い医師はあきれるかもしれないが、その時の僕は、「村の掟」を知らないアメリカ帰りのためを思っての親切な忠告と感謝した。

   ちなみに木本教授は大変紳士的な方で、医局の決めは決めとして、決して理不尽なことをご自分では言ったりされたりする方ではなかった。僕がその後50年、曲がりなりにも日本で生き延びられたのは、一重に木本教授の忠告のおかげと言える。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット