文字サイズ
標準
大きく

サロンでもセルフでも ネイルを安全に楽しむ方法

   常に指の先までおしゃれに気を使うマメな女子でも、ジェルネイルに使われる紫外線ランプの影響や、マニキュアの成分について知っている人は少ないのではないだろうか。

紫外線の強さは太陽光の4倍

   ジェルネイルは従来のマニキュアと比べて持ちがよく、艶やかな指先を3~4週間もキープできることから若い女性を中心に人気を集め、自宅でできるセルフキットなども普及している。

   マニキュアのように乾燥に時間がかからず、爪の保護にも役立つが、ジェルを固める際に使用する紫外線が皮膚にダメージを与える恐れがあるとして、米国皮膚科学会(AAD)はウェブサイトを通じて注意喚起をしている。

見た目を美しくするためとはいえ、安全性は確認したい
見た目を美しくするためとはいえ、安全性は確認したい

   ジェルネイルは合成樹脂(ジェル)を爪に塗布し、紫外線や可視光線を照射して硬化する「光重合(フォトポリマリゼーション)反応」を応用したもので、固める際には専用の硬化ライトを用いる。硬化ライトには大きく分けてUVライトとLEDライトがあり、ジェルの種類によって使い分ける。

   AADによると、ジェルネイルは遺伝や疾患、ある種の薬の服用などにより紫外線感受性が高くなっている人には適さない。紫外線には波長の長いA波とB波があり、硬化ライトに使用されているのはA波。エネルギーはB波ほど強くないが、皮膚のDNAやコラーゲンにダメージを与え、肌の老化や皮膚がんのリスクを高めることがわかっている。

   硬化ライトの紫外線の強さは太陽光の4倍。1回の施術で照射する時間は短いが、強い紫外線を繰り返し浴びることで皮膚へのダメージは蓄積する。紫外線感受性が高くなくても、頻繁に塗り直す人や、若いころからジェルネイルをしている人は注意が必要だ。また、「LEDなら安全」というのは誤解で、紫外線を浴びることに変わりはないという。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット