文字サイズ
標準
大きく

ppm? ppb? 水素水は単位にも注意!

   水素水、ブームですよね。

   医療分野で研究もされていますし、日常的に飲んでいる医師もいます。でも、「効果なんてない」「無駄」という医師や研究者もいます。

   個人的には、「水」ですしね、ミネラルウォーターの種類の違い、くらいにとらえていましたが、"ブーム"と言われるだけに商品がいろいろ発売されてますし、説明も受けますし、質問もされますし。

   なので、調べ始めています。

   商品の資料とかリリースを「本当なのか?」「意味のある数値なのか?」と疑うことから。そして、医療に応用している関係者の勉強会に行き、それでもわからないことはたくさんあるので、水素エネルギー研究の関係者に尋ねているところ。

   これから、医療系と科学系にしっかり取材をする予定です。

as_20160413103147.jpg

   今のところお伝えしたいのは、「水素は小さく最も軽い原子なので、水に含まれていてもどんどん抜けてしまう」ということ。

   なので、水素水を飲むなら写真のようにコップに入れるのはNG。ペットボトルからも抜けていくそうですよ。

   そして、水素水に表示してある濃度の単位にご注意を! 常温・常圧の状態で、水素を水に溶かしこむ限界は1.6ppmだそうで、濃度の単位にはppmがよく使われています。

   ppmというのは parts per millionの略で、「100万分の1」。しかーし、ppbという単位の水素水も見かけます。

   「ppm」じゃなくて、「ppb」

   ちっちゃい字だし、ppまでは同じだから紛らわしいんだけど、これは? ppbとは、parts per billionの略で、「10億分の1」。1ppm=1000ppbなのでたとえば「6ppb」という表示の水素水は「0,006ppm」ということ。

   ppb表示のものは、水素濃度がかなり低い場合が多いので要チェックです。現在、個人的には「そんなに低濃度なら、体への影響なんて無いんじゃないの?」と思ってますが、そのあたりも取材で尋ねてみようと思います。

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット