文字サイズ
標準
大きく

香水文化を広めよう

as_20160418101101.jpg

   日本にはいまだ香水文化が存在しない! このことが最近やっとわかった。

   ことの起こりはこうである。ニューヨークの僕の長男が、新たに三つの香水を開発し、あまたある世界の香水の中で、其の二つが香水ミシュランで五つ星を獲得した。残りの一つも三つ星である。

   彼はそもそもは芸大卒の彫刻家である。ニューヨークで数々の作品を発表し、其のうちの一つはウェストサイドの公園を飾っている。やがて匂いの出る彫刻を手がけ、以前日本でも作品展を2度ほど開催したが、其のうちに香水そのものに凝ってしまったようである。

   僕も日本男子として香水には縁がないが、まあ、息子の自信作と言うこともあり、知り合いのだれかれに勧めたり、日本での販売の可能性を探ってきた。そしてまずぶち当たった壁が例の行政のしちめんどくさい制約である。事務所をおき、輸入販売の許可を取らねばならぬ。

   もっと問題なのは、日本は女性でもあまり香水をつける習慣がないということだ。むしろ反対に、化粧品でも無臭が好まれる、つまり匂いを身に纏う習慣が、日本にはないということのようだ、一部のソフィスティケートされた美女を除いては。

   そういわれれば、欧米などのパーティで、女性はご本尊よりまず香水が匂ってくる。そばで話しているだけでこちらの衣装にも移ってくるし、ハグでもしようものなら体中が香水に包まれ、家に帰ると鼻敏い配偶者から、なによ其の匂い?、また、誰かに抱きついていたのね、とたしなめられることしばしばである。

   これではいかん。親ばかになって、伝道師として日本に「香水文化」を広めてやらねば。そのためには僕も自分に振りまく必要がある。今後もし僕が異臭を放ったら、それは"加齢臭"ではなく、流行の先端を行く"男の匂い"だと思って欲しい。

   ちなみに彼のブランドのS-perfumeには、女性用、ユニセックス、男性用と三種類ある。ユニセックスの作品は「S-ex」という。ハイフォンをぬかして読めば・・・。お分かりでしょう。効果満点ですぞ!男女共に。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット