文字サイズ
標準
大きく

Aging Style × GOOD DESIGNトークレポート(2) 飽きずに使い続けられる「健康をつくる」デザインとは

   「健康をつくるデザイン」とは何か。医療従事者や研究者、デザイナー、企業がそれぞれの取り組みを紹介し、ディスカッションするトークイベント「Aging Style x GOOD DESIGNトーク」が2016年3月30日に東京・丸の内で開催された。

楽しくスタイリッシュなモノは飽きない?

   イベントでは、グッドデザイン賞を受賞した商品の中から、リストバンド型やイヤホン型のウェアラブルな活動量計など、健康に関する4商品が紹介され、各メーカーがその特徴や開発背景を解説した。

左上から、ジョウボーン「UP3(TM)」、ソニー「Smart B-Trainer(TM)」、MISFIT「Misfit Shine」、テルモ「メディウォーク」
左上から、ジョウボーン「UP3(TM)」、ソニー「Smart B-Trainer(TM)」、MISFIT「Misfit Shine」、テルモ「メディウォーク」

   2015年に受賞したソニーの「Smart B-Trainer(スマート・ビー・トレーナー)TM」は、ランニングやウォーキングをする人をターゲットにしたヘッドホン型のデバイスだ。心拍や加速度、GPSなどのセンサーを内蔵し、音楽を聞きながらランニングログの計測と記録ができるほか、専用のスマートフォンアプリと連動させることで、プロのマラソントレーナー監修のトレーニングプランに沿った音声ナビゲーションも受けられる。

   実際に、音楽を聴きながら走ると、心拍のテンポに合った速さでリズムが自動的にテンポアップするという、エンターテインメントの会社ならではの運動を楽しくする工夫もあった。

   米・サンフランシスコに本社があるジョウボーンが開発したリストバンド型の活動量計「UP(アップ)TM」は2013年の受賞作品。24時間、人の活動を見守っていてくれる「ライフレコーダー」で、アプリと連動することで活動量、食事、睡眠を手軽に管理。毎日の健康状態を「見える化」できる。日常的に着けていたくなるスタイリッシュな見た目にもこだわりがあり、世界的に有名なインダストリアルデザイナーのイヴ・ベアール氏がデザインした。現在は生産終了しており、バージョンアップした「UP2(TM)」や「UP3(TM)」がラインアップ。カラーバリエーションも豊富にそろっている。

   同じく2013年に受賞した「Misfit Shine(ミスフィット・シャイン)」は、アップルの元CEOであるジョン・スカリー氏らが設立したMISFIT社の商品。

   活動量計としては後発だが、開発時にAmazonで他社の活動量計の商品レビューをすべて読み、ユーザーが使い続けられない問題点を洗い出し、それをクリアするような商品を開発したという。ユーザーのモチベーションにつながるスタイリッシュなデザイン、6か月間充電なしでも動く電池式、50メートル防水という、3点を備えているのが特徴だ。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット