文字サイズ
標準
大きく

オンライン上で異性に魅力的に思われるには? ポイントは「開放感」を感じさせること

自撮りにも開放感が必要か
自撮りにも開放感が必要か

   SNSやオンラインデートのウェブサービス上で異性に魅力を感じ、デートをしてもいいと思う重要な要素は、オープンな印象を与えるジェスチャーや姿勢――そんなユニークな研究結果を発表したのは、米カリフォルニア大学バークレー校の研究チームだ。

   研究者らはクジャクやチンパンジーのオスが、求愛行動や仲間へのアピールの際に、手足や羽を大きく広げ、自分の体を最大限大きく見せようとすることに注目。人間でも、同様の行為が、異性や他者との関係に影響を与えるのか調査を実施した。

   最初の調査では、オンライン上で男女が数分間だけ会話できる「スピードデート」サービスから、144人分のデータを、同意を得て録画し、表情やジェスチャー、姿勢など非言語的な要素を記録した。

   会話後には利用者たちに「相手を魅力的に感じたか」「実際にデートをしてみたいと思ったか」を質問し、回答と非言語的な要素の関係を分析。すると、腕を大きく動かすようなボディランゲージや、背筋を伸ばして肩を開いた姿勢といった、開放的で大きく見せるほうが、腕を組んだり、肩や体を縮こまったりする姿勢よりも肯定的に評価されていた。

   さらに、そうした姿勢が静止画でも同様に評価されるかを検証するため、スマートホンのデートアプリを利用し、腕や足を伸ばし開放的な印象を与えるプロフィール写真と、腕や足を組んだ状態のプロフィール写真を男女計6人分用意し、それぞれの人気具合や閲覧数を調査した。

   すると、男女共に開放的な印象の写真の閲覧数が多く、デートの申し込みや人気度も高くなっていたという。発表は、2016年3月28日、米国科学アカデミー紀要「Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America」オンライン版に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考文献
Dominant, open nonverbal displays are attractive at zero-acquaintance.
DOI: 10.1073/pnas.1508932113 PMID: 27035937

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット