文字サイズ
標準
大きく

卵アレルギー原因物質を持たない卵ができた! 産総研、ゲノム編集でニワトリ品種改良

   産業技術総合研究所は、同研究所バイオメディカル研究部門の大石勲氏と、農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門の田上貴寛氏、信州大学農学部の鏡味裕教授らの共同研究グループが、卵白に含まれる卵アレルギーの原因物質「オボムコイド」の遺伝子を欠失したニワトリを開発したと発表した。

食用への応用も将来的には可能か(写真はイメージ)
食用への応用も将来的には可能か(写真はイメージ)

   オボムコイドは卵白の主要なタンパク質のひとつ。卵アレルギーの主要な原因物質となるが、加熱や酵素による分解を受けても強いアレルゲン性を示すため、除去技術の開発が期待されている。

   大石氏らのグループは、動植物の品種改良法として研究が進められている「クリスパー・キャス9法」という、ゲノム編集技術を利用。ゲノム編集は従来の遺伝子操作よりも正確で効率よく遺伝子を操作でき、農水産物の新たな品種改良法として注目されているが、ニワトリなどの家禽では受精直後の卵細胞の操作が難しく、ゲノム編集技術はほとんど適用されていなかった。

   今回は、まず、雄ニワトリの初期胚(孵卵開始から2.5日経過の胚)の血液から、精子や卵子の元となる細胞だけを取り出して培養し、クリスパー・キャス9法によりオボムコイドを作り出す遺伝子を欠失させた。

   この細胞を別の雄ニワトリの初期胚に移植した後に孵化させ(第0世代)、成長した段階で雌ニワトリと交配。次の世代(第1世代)では、父方由来のオボムコイド遺伝子が欠失したニワトリを得た。さらにこの第1世代のニワトリ同士を交配すると、次の世代(第2世代)で父方、母方両方のオボムコイド遺伝子が欠失したニワトリが得られた。オボムコイド遺伝子の欠失によるニワトリの健康に異常は認められないという。

   産総研は、これによって低アレルゲン性卵の生産に道筋がつき、副作用の少ないワクチン生産などに応用できるとしている。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考論文
Targeted mutagenesis in chicken using CRISPR/Cas9 system.
DOI: 10.1038/srep23980 PMID: 27050479

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット