文字サイズ
標準
大きく

アンジェリーナ・ジョリーが命の危機を感じた 「オルトレキシア」強い思い込みが不健康を招く

   アメリカのゴシップ誌によると、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが激やせしているという。確かに、最新の写真をみると、目はくぼみ、手足も心配になるほど細い。身長172センチあるといわれるが、体重は30キロ台になっていると推定しているメディアも多い。

健康志向も行き過ぎると「毒」になる

数年前は健康的な印象だったが...(2009年J-CASTニュース撮影)
数年前は健康的な印象だったが...(2009年J-CASTニュース撮影)

   もともと彼女は、10代の頃から、精神的に不安定で自傷行為などを繰り返してこともあり、拒食症に陥りやすいタイプであることは確かなよう。だが、もうひとつ大きな理由は、彼女の「行き過ぎた健康志向」が健康状態に影響している、と指摘する専門家も多い。健康になろうとして、不健康になるとは、なんだか矛盾しているようにも感じるが、実は、今世界的にもこの行き過ぎた健康志向が問題になっているのだ。

   この行き過ぎた健康志向で、世界的に話題になっているのが『オルトレキシア』だ。正確には、Orthorexia Nervosa(オルトレキシア ネルボーザ)。「正しい健康志向神経症」という意味になる。食に関する強迫症の一種で、「これを食べると健康になるから」とそればかりを食べたり、逆に「不健康になるからと食べない」食品を増やしていくのもオルトレキシアの症状のひとつだ。

   こう書いても実感がない人が多いかもしれないが、実は、あなた自身、オルトレキシアになっている可能性も高い。例えば、「小麦粉は太るしカラダに悪いから絶対に食べない」、「トランス脂肪酸が怖いから少しでも入っているものは買わない」、「とにかく野菜。毎朝必ずスムージーだけは飲む。体調が悪いときはスムージーで栄養補給」、「カラダにいいから毎食スーパーフードを食べている」......。とあげたらキリがないが、メディアに溢れる健康情報を基本に、食生活を組んでいるという人は、このオルトレキシア傾向が強いと言われている。食品に対して、「絶対に食べる」、「絶対に食べない」と決まったルールを設けている人は、行き過ぎ傾向になっている可能性が高いのだ。

   実際にアンジェリーナ・ジョリーも、一時期、菜食主義者になり、菜食以外認めない食事をし、オルトレキシアで命の危機を感じたことがあるとカミングアウトしている。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット