文字サイズ
標準
大きく

海からの贈り物

as_20160507151348.jpg

   リンドバーク夫人の「海からの贈り物」を読み返している。

   夫のリンドバークは、「翼よ、あれがパリの灯だ」で知られる、太平洋横断の初飛行のアメリカの国民的英雄である。その夫人が、あるとき海浜で2週間ほど過ごし、砂浜で見つけたさまざまの貝殻を眺めながら、人生の各ステージになぞらえて、人生論をエッセー風に述べた名著である。そしてそれはまた優れた女性論でもある。

   ほら貝、つめた貝、日の出貝、牡蠣、たこぶね、その他いくつかの貝たち。心を打たれた箇所を引用しようと試みたが、結局本の全文になりそうなので、どうしようか迷っている。我々夫婦は今ちょうど牡蠣からたこぶねに移りつつあるときだろうか。

   それぞれから一箇所ずつ引用することにした。

(前略)・・・牡蠣は確かに、結婚して何年かになる夫婦生活を表すのに適した貝のようである。
それは生きて行くための戦いそのものを思わせて、牡蠣は岩の上にその位置を占めるために奮闘し、その場所にしっくり嵌って、容易なことではそこから引き離すことはできない。
それと同様に多くの夫婦も、世間で自分たちの場所を確保するのに努力し、それは始めは、家庭を持ち、子供を育て、自分たちが住んでいる社会で足場を固めるのが目的の、肉体的な、また物質的な戦いであり、そういう生活をしている最中には、朝の食事で小さなテーブル越しに二人で向き合う時間はあまりない。・・・(後略)

   そして中年を経てたこぶねのステージへと話は移る。

(前略)・・・この貝の名まえは黄金の羊毛を探しに行ったイアソンの船から摂ったもので、船乗りにとってこの貝は晴天と順風のしるしになっている。
美しい貝で、それが呼び起こす映像も美しい。
私はその映像をそのままにしておくことができなくて、これは人間と人間の関係が次に達すべき段階の象徴だろうかと考える。
我々は中年になって牡蠣の状態を脱したとき、貝を離れて大海に向かったたこぶねの自由を期待していいのだろうか。
しかし我々が大海で出会うものはなんだろうか。人生の後半が我々に晴天と順風を約束するとは思えない。我々中年のものにとって、どんな黄金の羊毛があるのだろうか・・・(後略)

   僕が下手付け加えることは何もないでしょう。まだの方は是非これを機会にお読みください。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット