文字サイズ
標準
大きく

薄毛の解決策

   「ハゲの根本的解決策は二つある。一つはハゲていない親を持つこと。二つ目は、去勢すること」
これは、ハゲの実際的な治療がいかに難しいか、というジョークである。

薄毛の解決策は、日々研究が進んでいる
薄毛の解決策は、日々研究が進んでいる

   ところで、円形脱毛症のような病気やケガ、やけどではなく、毛がなくなるのには、二つの原因があげられる。一つは単なる「老化現象」としての薄毛であり、今ひとつは、男性に多く見られる若年性の薄毛、いわゆる「男性型脱毛」である。

   どちらの場合でも産毛か、休止期の毛根は残存しているとされる。「加齢による脱毛」は、他の臓器と同じく、単純に細胞の活性が低下したためであろう。「男性型脱毛」については三つの要素があげられる。

   まず、加齢による変化であるということ、つまり老化現象の早期発現、ついで男性ホルモンが関与しているということ、そして、ある程度は体質や遺伝的な要素があるということがわかっている。だから、冒頭のジョークもあながち根拠のないことではない。

   男性ホルモンが関係しているといっても、全身的にホルモンが過剰にあるということではなくて、最近の研究では、薄毛になる部分の毛の細胞が、男性ホルモンに対して敏感に反応して活性が落ちる。つまり、ネガティブに反応してしまうためと考えられている。

   男性ホルモンであるテストステロンが毛根の細胞の中に入ると、5αリダクターゼという酵素でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、テストステロンよりはるかに強力な作用を及ぼすため、5αリダクターゼの働きすぎが、男性型脱毛の原因ではないかといわれている。この5αリダクターゼの活性を抑えるのが「プロペシア」という男性型脱毛の治療薬で、現在、薄毛治療の中心になりつつある。

   男性型脱毛だけでなく、一般的な薄毛の原因にもなりうるものとしては、次のようなことが考えられる。

   まず、頭皮の血流の不足である。たしかに細胞活性のために血流は大事だが、どこまで脱毛、特に男性型脱毛の直接の原因であるかは、はっきりしていない。プロペシアに先立って、ミノキシジルが初めて発毛剤として人気を呼んだが、これは元来血圧降下剤として開発され、その副作用として体毛の増加が認められ、それを頭髪の発毛剤として利用したものである。この作用機序は明らかでないが、血行促進もその要素の一つではないかとされている。

   アメリカではロゲイン、日本ではリアップの商品名で発売され、人気を呼んだが、長期投与で効果が薄れることがあるため、現在ではプロペシアが主流になっている。しかしこれはホルモン剤のため、女性には使用できず、ミノキシジルが使われる。

   フケも原因の一つに挙げられてよいであろう。フケや脂漏が毛穴をふさいで、毛根の活性を妨げるということは十分考えられる。また、フケや脂漏がたまれば細菌感染も起こりやすく、これも毛根に障害を与えることになる。

   そのために各人の頭皮に合ったシャンプーが開発されている。そのほか、ビタミン、アミノ酸、その他もろもろの栄養素の不足も問題にされる。根本的な解決の一つ、ハゲでない親を持つことに選択の余地はないが、ハゲにかかわる遺伝子の解析は目下進行中である。[執筆/塩谷信幸 北里大学名誉教授、DAA(アンチエイジング医師団)代表]

医師・専門家が監修「Aging Style」

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット