文字サイズ
標準
大きく

連休明けから調子が出ない... 「五月病」の対処法

   就職や進学、異動や転勤など、環境の変化が多い春。その変化に対応しようと夢中になっているうちは気づかないが、ひと段落して緊張が緩むころに、心身に異変が生じる。いわゆる「五月病」だ。

連休明け、体調をくずしていませんか
連休明け、体調をくずしていませんか

一過性では済まない場合も

   五月病は、医学的な病名ではない。新年度が始まってまもない5月ごろ、主に新入生や新入社員に心身の不調を訴える人が増えることから、こう呼ばれている。新入社員の場合は研修が終わり、部署に配属されてからしばらく経ったころに「六月病」になる人もいる。

   新しい環境に適応しようとがんばり過ぎたり、「こんな仕事がやりたい」など自分の抱いていたイメージと現実とのギャップが大きかったりすると、毎日少しずつストレスがたまっていく。積み重なったストレスにより心と体が悲鳴を上げ、気分の落ち込みや倦怠感、集中力の低下などの精神的な症状に加え、不眠や食欲の低下、腹痛、下痢、めまい、疲れやすさといった身体的な症状が現れる。

   精神科医で、お茶の水うつ病クリニック顧問の古賀良彦医師によると、五月病は「病気」というより上記のような「状態」に陥ることを指し、長い休みで生活リズムが乱れることをきっかけに、社会生活に戻れなくなってしまう。精神科を受診すると「心身症」あるいは「適応障害」と診断されることが多いという。

   心身症は、心理社会的な要因または精神的なストレスが原因で体に様々な不調を生じる病気で、気持ちより体に症状が現れる。一方、適応障害は、「ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れる」(厚労省「みんなのメンタルヘルス」)という精神疾患だ。いずれも原因がはっきりしていることが特徴だが、軽度のうつ病と区別がつきにくく、診断が難しい。

   多くは一過性で、環境に慣れ、順応できるようになると回復するが、長引くとうつ病へと進行するケースもある。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット