文字サイズ
標準
大きく

子どもにも使える? 安全なの? 蚊よけや虫よけ剤に含まれる「ディート」とは

成分にも注意が必要だ
虫よけ剤は成分も要チェック

   ここ数年、デング熱やジカ熱など蚊を媒介する感染症への懸念から、虫よけ対策の必要性は高まっている。とくに抵抗力の弱い乳幼児は心配だが、大人と同じ虫よけ剤を使ってもいいものかどうか、迷うところだ。

6か月未満の赤ちゃんにはNG

   5月11日にアース製薬が発表した『アース蚊の飛び始め予報 2016年第3報』によると、東京から西の主要都市では5月上旬からすでにヒトスジシマカが飛び始めている。新潟や仙台では5月下旬、都市部ではもっとも遅い盛岡や秋田でも6月上旬には蚊が襲来すると予測されている。これからの季節、子連れで公園などに行くと、蚊の餌食になる可能性が高いのでしっかりと対策をして出かけたい。

   しかし、肌に直接つける虫よけ剤を子どもに使用する場合は、注意が必要だ。スプレーやミスト、ジェル、ティッシュなどさまざまなタイプが市販されているが、その多くに「ディート」という成分が含まれている。

   ディートは殺虫剤ではなく、「忌避剤」だ。ディートに接した蚊は、触角にある毛穴をふさがれ、人間が発する炭酸ガスを感知できなくなる。そのため、近寄っても人間だと認識できない。血を吸われずにお引き取り願えるというわけだ。蚊だけでなく、ダニやブヨ、アブなど人間が発する炭酸ガスに寄ってくる虫すべてに効果がある。

   一般には毒性が低いとされ、国内ではこれまでに深刻な副作用の報告はない。しかし、米国やカナダではまれに、けいれんなど神経系に影響を及ぼしたケースが報告されたため、安全性についての再評価が行われ、カナダでは2002年以降、とくに子どもへの使用に制限が設けられた。

   日本では、ディートの濃度の上限は12%までと定められている。年齢による用法・用量の目安はカナダの基準を参考に、「6か月未満の乳児には使用しないこと」「6か月以上2歳未満は1日1回、2歳以上12歳未満は1日1~3回」とされている。また、虫よけの注意書きには「漫然とした使用をさけ、蚊、ブヨなどが多い戸外での使用など、必要な場合にのみ使用すること」と記載されている。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット