文字サイズ
標準
大きく

毎日やろう、ICNのための英語講座4

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

   ジカウイルスってなんだっけ その2

   感染管理ナース(ICN)は世界で起きている感染症の最新情報を把握し、最先端の研究を理解しなくてはなりません。それが病院で一番感染症のことを「わかっている」ICNの義務なんです。英語ができなければ論文が読めません。世の中の論文はほとんど英語でできているんです。

   論文が読めなければ先行研究を把握できません。先行研究を把握できずに研究はできません。論文を読まずに、環◯感染学会で発表なんて(本当は)しちゃいけないんです。マジですよ。

   前回は、
Zika virus disease (Zika) is a disease caused by the Zika virus
というところをやりました。この文章はまだ終わりません。コンマがついて文章が続きます。

   , which is spread to people primarily through the bite of an infected Aedes species mosquito.
コンマとwhich(, which)があると、前の言葉をさらに説明します。つまり、という意味でもあるし、まあもっと砕けていうと「ていうか~」みたいな感じです。長い文章にビビらず、「ていうか?」とゆる~く付き合ってあげるのが肝心です。ジカウイルス病はジカウイルスが起こす病気ですよ、じゃほとんど説明になっていないので、も少し言い足しときましょうや。

   英語はこうやって, whichをつけて、説明を追加していきます。このリズムにも慣れましょう。英語はリズムです。なに?自分はリズム感ゼロですって?まあ、イワタのリズム感もかなり怪しくてダンスとかはまず無理なので、ほどほどのリズムで大丈夫です。

   , whichで、ウイルスの説明をも少しすると、
(Zika virus) is spread to people through the bite of mosquito
となります。間にいくつか単語がありましたが、それはとりあえず省略。

   is spread to+なになには「なになにに広がっていく」という意味です。spreadは広げるという他動詞でもあり、広がるという自動詞でもありますが、ここのspreadは過去分詞のspreadです。Spreadって過去形も過去分詞形もおんなじ形なんですね。

   え~?いみわからん?大丈夫、英語はゆっくりやれば絶対分かります。自動詞は 自分がどうなる、という動詞です。「広がる」とか。他動詞は 誰か(なにか)をどうする、という動詞です。「広げる」とか。

   過去形は、過去の形でした。ここは省略。過去分詞は、現在分詞と組にして覚えましょう。現在分詞はアイエヌジー(ing)でした。doingとか、goingとか、愛して~る~、、、それは違う。過去分詞は「された」という受け身をとるのでした。現在分詞は能動的、過去分詞は受け身。「された」って何を?とかせんさくはしない。

   is spreadで広げられた、と受け身形になるのです。で、
to people人々に(広げられた)
through the bite of mosquito蚊に刺されて
ということです。biteは「咬むこと」という名詞。蚊なんだから「刺される」んじゃないの?と思ってはいけません。英語圏では蚊は「咬む(bite)」なんです。スープを「eat(食べる)」のといっしょ。価値観の違いです。

   mosquitoはお尻にoがつく変わった名詞で蚊のことです。スペイン語が語源で、「小さなハエ」という意味なんですって。さ、もいっかい。

   , which is spread to people(primarily) through the bite of (an infected Aedes species) mosquito.
(ジカウイルスは)広げられる
人々に
蚊が刺すことで
ということでした。ジカって蚊でうつるんや、ってことです。

   英語は難しくありません。少しずつ学んでいきましょう。

今日のポイント
・, whichは「ていうか?」
・is spreadは受け身形
・mosquitoはもとスペイン語で「小さなハエ」(ネタができましたね!)
・「蚊に刺されること」をmosquito biteという

今日学んだ単語:which, spread, mosquito, bite

[楽園はこちら側 2016年5月19日掲載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット