文字サイズ
標準
大きく

危険な吸血害虫「マダニ」に注意 感染症で死亡するケースも

なんと真空状態でも生き延びるという(画像は国立感染症研究所ホームページ昆虫医科学部「感染症を媒介する昆虫・ダニのなかま」より)
なんと真空状態でも生き延びるという(画像は国立感染症研究所ホームページ昆虫医科学部「感染症を媒介する昆虫・ダニのなかま」より)

   デング熱を媒介する蚊や、幼稚園や小学校で流行するアタマジラミなど、ここ数年、虫による健康被害を耳にする機会が多い。さらに、蚊やシラミの被害に隠れているが無視できない害虫として、専門機関が注意を促しているのが「マダニ」だ。特に、マダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」は、日本国内で死亡例も確認されている。

治療薬やワクチンがない

   ダニは身近にいる。古くなった小麦などに発生するコナダニ、衣類や寝具に発生し、アレルギーを引き起こすヒョウダニなどだ。マダニはこれら屋内に発生するダニとは種類が異なる。屋外に生息している吸血性のダニだ。

   問題なのは、マダニが媒介する「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」という感染症だ。マダニが媒介する感染症は「日本紅斑熱」や「ライム病」もあるが、こうした感染症は抗菌薬が有効な細菌感染症だ。これに対して、ウイルス感染症であるSFTSには今のところ有効な治療薬やワクチンはない。治療は対症的な方法しかない。

   SFTSは2011年に中国の研究者らが発見した感染症で、2013年1月に国内で初めて感染例が確認されて以降、他にも患者が確認されるようになった。国立感染症研究所の感染症発生動向調査では、2016年4月28日までに175人の患者が報告されており、そのうち46人が亡くなっている。

   感染すると6日~2週間の潜伏期を経て、発熱、食欲低下、嘔吐、下痢、腹痛といった症状が起き、その他頭痛、筋肉痛、意識障害などの神経症状、皮下出血などの出血症状を起こす。

   患者の年齢層は、40~90歳代で、全患者の約95%が50歳以上となっており、データ上は高齢者が多い。発症時期は5~8月に集中しており、マダニが活発に活動する春から夏に重なっているようだ。

   これまでのところ、宮崎や愛媛、広島、高知、鹿児島など西日本を中心に発生しているが、2016年4月16日に開催された第90回日本感染症学会総会で、国立感染症研究所は「感染報告が西から東に徐々に拡大している」と発表しており、今後、東日本でも確認される可能性が高い。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット