文字サイズ
標準
大きく

「オキアミ」の「クリルオイル」に注目 健康に役立つ食用油、脳や関節にも有益か

   ここ数年、美容や健康に役立つといわれているココナッツオイルやアマニ油、エゴマ油など「食用油」がブームだ。アマニ油やエゴマ油は、「オメガ3系脂肪酸」を含むことで、健康効果が注目されている。なかでも最近は、オメガ3系脂肪酸を含む新しい油として「クリルオイル」に関心が集まっている。

クリルオイル研究会代表の早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構の矢澤一良教授
クリルオイル研究会代表の早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構の矢澤一良教授

動物プランクトンの一種

   クリルオイルとは、海にすむ動物プランクトンの一種で、よく魚釣りのエサとして使われる「ナンキョクオキアミ」からとれる油。米国ではクリルオイルのサプリメントは評価が高く、販売数も伸びているという。米国Amazonで「krill oil」を検索すると、800を超える商品がヒット。日本も数社からサプリメントが販売されている。クリルオイルにはどのようなパワーがあるのか、2016年5月19日に東京ビッグサイトで開かれた「クリルオイル研究会」に出席した。

   研究会の代表である、早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構の矢澤一良教授は、クリルオイルは、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)といったオメガ3系脂肪酸に加え、リン脂質とアスタキサンチンを天然に含む海洋資源。過去の研究から、さまざまな機能性が報告され、認知症や関節炎の予防やがん、心臓疾患のリスク低減につながると期待されていると説明した。

   北海道大学大学院水産科学研究院特任教授の髙橋是太郎氏は、「日本にいるとあまりピンとこないが、海外ではものすごい勢いで水産油脂の需要が高まっている」と述べ、北海道オホーツクの海岸に打ち上げられたオキアミ(イナミス)の脂質組成を紹介。オホーツクで取れるオキアミ由来の油も今後、重要な水産油脂源になる可能性があることを発表した。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット