文字サイズ
標準
大きく

「子宮頸がん」ワクチンを総括する

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

   ヒトパピローマウイルス(HPV)は尖圭コンジローマという陰部などにイボができる病気、それから子宮頸がんの原因です。他にも肛門がんなどの原因にもなります。

   これを予防するために開発されたのがHPVワクチンです。一般に子宮頸がんワクチンと呼ばれているのがこれです。子宮頸がんワクチンという呼称は科学的に妥当ではない、という意見もあるかもしれませんが、みなさんがよくご存知の名称のほうが分かりやすいと思います。ですから、本稿ではあえてこれを「子宮頸がんワクチン」と呼びます。

   子宮頸がんワクチンは、がんの予防に有用だということで積極的にこれを勧める意見もあります。その一方で安全性に問題があり、副作用の観点からこれに反対する意見もあります。しかし、この問題に決着をつけるのが本稿の目的です。

   最初に結論を申し上げておきます。現在、厚労省は定期接種である本ワクチンの積極的接種勧奨を一時的に差し控えました(2013年6月)。私も当時は「状況がはっきりするまではそのような一次的な差支えは妥当だ」と申しました(http://georgebest1969.typepad.jp/blog/2013/06/hpv%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E7%A9%8D%E6%A5%B5%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%8B%A7%E5%A5%A8%E4%B8%80%E6%99%82%E4%B8%AD%E6%AD%A2%E3%82%92%E8%A9%95%E4%BE%A1%E3%81%99%E3%82%8B.html)。しかし、あれから3年経ち、積極的接種推奨は再開すべきだと考えます。

ワクチンを特権化してはならない

   子宮頸がんワクチンは一定の割合で重大な副作用を起こします。その一方でこのワクチンはがんの予防という大きな成果ももたらすでしょう。全体としてはこのワクチンが積極的に活用されることで日本にいる女性の健康に寄与するところは大きいのが推奨すべき理由です。ただし、ワクチンのリスクについては予防と、不幸にして発生した場合のケアをしっかりと行っていくべきです。

   これが本稿の結論です。先回りして述べておきました。では、なぜそのような結論が導き出されるのか、その理路をこれから説明します。非常に長くなります。

   なぜ長くなるかというと、ワクチンの是非といった問題は安易な決めつけや思い込みで結論づけてはならないからです。断片的な、部分的な議論、一部のデータだけをもちいた検討もよくありません。よって、慎重で長い議論は欠かせないのです。

   まず第一に、ワクチンを特権化してはならない、という議論をします。ワクチンを他の医療とは異なる特別な存在扱いにすると、議論を誤ります。

   第二に、議論に立場性を持たせてはなりません。ある特別な立場から、自分本位の議論をすれば本質を誤ります。「〇〇の立場から」という言い方をしてはいけないのです。本問題はゼロベースではじめなければなりません。結論ありきの議論をしてはいけないのです。

   個人の予防か集団の予防か、という点についても確認します。最後に、医療の是非を論じる場合は、リスクと利益の両方を検討しなくてはなりません。どのようなリスクと利益がどのくらいの頻度で、そしてどのくらいの確度で起きているかを検討します。「確度」とは何かについては、追って説明します。リスクだけ、利益だけの検討では不十分です。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット