文字サイズ
標準
大きく

毎日やろう、ICNのための英語講座16

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

   ラインの交換は48~72時間おき? その5

   さて、先週はCDCのガイドラインで、末梢静脈ラインは「3、4日以内にルーチンで交換する必要はない」という話がありました。まだガイドラインには先があります。

   No recommendation is made regarding replacement of peripheral catheters in adults only when clinically indicated [142-144]. Unresolved issue

   No recommendation is madeは、「推奨がない」という意味です。え?なんについて?と思ったら、さらに説明が続きます。ここでregardingと続くのです。regarding~は「~について」という意味。これはよく出てきます。で、なんについてかといえば、replacement of peripheral catheters、つまり末梢カテーテルの交換です。で、成人において(in adults)、と続きます。~only whenは「~のときだけ」という意味です。clinically indicatedは「臨床的に必要なら」という意味。

   つまり、「臨床的に必要なときだけ末梢カテ交換するって意見もあるんだけど~これについてはなんとも言えへんな~」ということです。で、
unresolved issue
決着つかへん。
となるのです。ガイドラインでも、全てについて分かってるわけではないのです。分かってへんところは男らしく?わからへん、と誠実に言っとくのが大事。分かったふりはすんな、ってことです。

M「じゃ、ガイドラインによれば、3、4日ごとにルーチンで交換で、臨床判断で交換みたいなのは保留ってことでしょうか」
I「そうですね。ただし、これは"ガイドラインによれば"です。ガイドライン=エビデンスではないことに要注意」
M「え~、どういうこと?」
I「続きはまた明日」
M「ひっぱんなや、いいとこで!」

   英語は難しくありません。少しずつ学んでいきましょう。

今日のポイント
・Regardingは「なんとかについて」
・ガイドラインでも「わからへん」unresolved issueとすることもある。

今日学んだ単語:No recommendation, regarding, only when

[楽園はこちら側 2016年6月6日掲載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット