文字サイズ
標準
大きく

毎日やろう、ICNのための英語講座17

   ラインの交換は48~72時間おき? その6

   エビデンスを吟味するときは、ガイドラインだけでは不十分。とくにカテーテル関連のCDCのガイドラインは2011年と比較的古めです。エビデンスは「最新の」ものを使うのが肝心です。古い情報はしばしば新しい情報にひっくり返されるからです。

   エビデンスを探す定番のツール、PubMedを使ってみましょう。アメリカ国立医学図書館(NLM)が提供している無料の医療系データベースです。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed

   こんな感じです。

as_20160607101647.jpg

   で、あとはGoogleみたいに検索用語を入力して調べます。
peripheral catheter, prevention, infection
みたいに。

   しかし、これだと欲しい情報になかなか辿りつけず、面倒くさいです。面倒くさいことはどんどん省略したい!そこで裏技を使いましょう。
Clinical Queriesというのを使います。

   ここです!

as_20160607101711.jpg

   こうすると、臨床的に関連性の高い論文を素早く見つけてくれるんです。理屈はともまく、とにかくやってみましょう。

as_20160607101732.jpg

   はい、真ん中を見てください。Systematic reviewsというのが見つかりました。これはたくさんの論文をまとめてくれる、とても便利な論文、研究論文の研究なのです。で、一番上に関係ありそうなレビューを見つけました!2015年!けっこう新しいです。

   ここです!

as_20160607101753.jpg

   では、ここから何が見つかるのでしょう。

   英語は難しくありません。少しずつ学んでいきましょう。

今日のポイント
・エビデンスを探すならPubMedを使いこなそう。
・Clinical Queriesを使ってみよう。

今日学んだ単語:今日は単語なしだよん。

[楽園はこちら側 2016年6月7日掲載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

スポーツの秋です。スポーツ関連クイズ特集です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット